2020年 11月 25日 (水)

小林麻耶「バイデン降板憶測」に室井佑月が言及、「しょうもない陰謀論」懸念 本人は最新動画で「アメリカまでつながってます」

どうする老後2000万円問題!?保険で備える老後資金!

   作家の室井佑月氏が2020年11月12日、自身のツイッターを更新し、フリーアナウンサー・小林麻耶さんの「グッとラック」(TBS系)降板騒動について物申した。

  • 最新動画でひたすら瞑想する小林さんと夫・國光吟さん
    最新動画でひたすら瞑想する小林さんと夫・國光吟さん
  • 最新動画でひたすら瞑想する小林さんと夫・國光吟さん

「一定のルールを示して」

   12日、番組の木曜コメンテーターを担当していた小林さんの降板が明らかになり、所属事務所である生島企画室も彼女との契約を終了すると発表。これに先立つ同日早朝、小林さんはYouTubeチャンネル「コバヤシテレビ局」にて「グッとラックのスタッフからいじめを受けていた」と告白するも、TBS側はそれを否定するといういざこざが繰り広げられていた。

   そんな中、同じくTBSの情報番組「ひるおび」に出演する室井さんは、自身のツイッターに「なんだか考えちゃうんだけど、小林麻耶さんの降板て、どの発言が問題だったの?」と投稿。「リュニューアルする時期でもないし、こういうのはっきりさせてもらいたい。出てる側からすると、恐ろしいよ」(原文ママ)と局側への指摘を行った。

   続いて「こういうこと、はっきりさせないと、しょうもない陰謀論などがまかり通ってしまう。クビを切るくらいだもの理由はあるんでしょ」としながら、小林さんがアメリカ大統領選挙について発言したことを振り返り「バイデンさんへの発言が問題だったのだったら、そう発表すべき。アメリカのトップをなぶることをいってはいけないというルールがこの国のメディア業界にあるとか、そもそもその発言の裏取りがなくガセに近いものだったとか。それが良いか悪いかはおいといて、一定のルールを示してほしい」と持論を展開している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中