2020年 11月 25日 (水)

「横浜に絶対に必要な選手」「もったいない」... ロペス、パットン退団発表にファン落胆

スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   プロ野球のDeNAは2020年11月16日、ホセ・ロペス内野手(36)、スペンサー・パットン投手(32)と来シーズンの契約を結ばないことを公式サイトで発表した。ロペス、パットンともに来シーズンのチーム構想から外れての退団となったが、両選手ともに現役続行を希望している。DeNA以外のセ・リーグ球団でも外国人選手の退団が報じられており、他球団の移籍を含めて今後の動向に注目が集まっている。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

「残留させるべきだった」

   DeNAからはロペスとパットンが来シーズンの構想から外れた。来日8年目となったロペスの今シーズンは、81試合の出場にとどまり打率.246、12本塁打、42打点でシーズンを終えた。打撃面では数字が上がらなかったものの堅実な守備は健在で、来シーズンから外国人枠から外れるメリットも。他球団に移籍するにあたり日本での計8年の経験が強みとなる一方で、高額年俸がネックとなるか。

   2017年にDeNA入りしてから4年間、中継ぎの要としてチームを支えたパットン。今シーズンもフル回転の活躍で、57試合に登板して3勝2敗19ホールドをマーク。パットンもロペス同様にNPBでの実績があり、4年間で219試合に登板し12勝9敗101ホールドの記録を残している。貴重な中継ぎ要員として国内球団の需要があるとみられるが、MLB復帰の可能性もある。

   ロペス、パットンともにチームに大きく貢献してきた功労者だけにネット上ではDeNAファンから悲しみの声が広がっている。とくにロペスは来シーズンから外国人枠から外れ、本人も来シーズンDeNAでのプレーを望んでいたためネット上では「もったいない」「残留させるべきだった」「横浜に絶対に必要な選手」との声が上がっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中