2020年 12月 1日 (火)

「カプコン」採用応募者情報めぐり「矛盾」指摘 不正アクセス被害で余波、広報「説明が不足していた」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   ゲーム大手「カプコン」がサイバー攻撃で社内データが流出した問題に関連し、同社の個人情報の取り扱いの説明に不備があったことが、J-CASTニュースの取材で分かった。

   採用応募者向けに、不採用者の履歴書は「破棄」すると伝えていたが、今回の被害では応募情報約12万5000件が流出した恐れがあるとしている。SNS上では「破棄していなかったのでは」との指摘が寄せられている。

  • カプコン公式サイトより
    カプコン公式サイトより
  • カプコン公式サイトより

1テラバイトの情報盗む?

   カプコンは2020年11月16日、「Ragnar Locker(ラグナロッカー)」を名乗るサイバー犯罪集団からランサムウエア(身代金ウイルス)の被害を受け、最大35万件の社内情報が流出した可能性があると公表した。

   同日までに従業員のパスポート情報や販売レポートなどの流出が確認されたという。クレジットカード情報は流出していない。

   ラグナロッカー側は1TB(テラバイト)の情報を盗み出したと主張し、身代金を要求。11日18時までを交渉期限としていた。カプコン側は応じなかったとみられ、一部情報が匿名性の高いネット空間「ダークウェブ」上で公開された。

   同社は外部の専門家を交えた対策会議を開くなどして、原因究明や再発防止に努めるとする。専用の問い合わせ窓口(電話0120・896・680)も設置した。

「当社の説明が不足していた」

   被害報告を受け、採用応募者情報の取り扱いをめぐる「矛盾」がツイッターで多数指摘されている。

   今回の被害で、採用応募者情報(氏名、生年月日、住所、電話番号、メールアドレス、顔写真など)が約12万5000件流出した恐れがあるとするが、同社は公式サイトに「採用選考の結果、採用に至らなかった方、及び、採用を辞退された方の応募書類等は、選考後、当社において責任をもって破棄致します」と明記していた。

   そのため、「破棄していなかったのでは」と疑問視する声が寄せられている。

   カプコン広報IR室は19日、J-CASTニュースの取材に「当社の説明が不足していたことを皆様にお詫び申し上げます」と非を認めた。

   広報IR室によれば、履歴書などの書類は破棄した後も、「再応募いただける方もいらっしゃり、確認をスムーズにするため」電子化して一定期間(期間は非公表)保管しているという。流出の可能性があるのは電子データになる。

   電子化に関する説明が漏れていたため、すでにサイトの記載の修正に取りかかっているとした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中