2020年 12月 1日 (火)

岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち
極右と呼ばれる「プラウド・ボーイズ」と行動を共にした夜

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

    リベラル系のメディアが「極右でネオファシストの自警団」と呼ぶ「Proud Boys(プラウド・ボーイズ)」。白人至上主義、人種差別主義、過激派組織――。さまざまなレッテルを貼られる彼らの素顔はどうなのか。

    今回の米大統領選は不正だと固く信じ、全米から首都ワシントンにトランプ支持者が集結した日(2020年11月14日)の夜、私は彼らと行動を共にすることにした。

  • ワシントンで行動を共にしたプラウド・ボーイズから見た警官隊の列。反対側で黒い傘を差しているのが対立するアンティファ(2020年11月14日、筆者撮影)
    ワシントンで行動を共にしたプラウド・ボーイズから見た警官隊の列。反対側で黒い傘を差しているのが対立するアンティファ(2020年11月14日、筆者撮影)
  • ワシントンで行動を共にしたプラウド・ボーイズから見た警官隊の列。反対側で黒い傘を差しているのが対立するアンティファ(2020年11月14日、筆者撮影)

メディアは「極右でネオファシストの自警団」とも

    いつか、プラウド・ボーイズに直接、話を聞いてみたいと思っていた。正午に始まったトランプ支持者の大規模な集会で、私は彼らと遭遇できなかった。

    夜、彼らを探し求めてトランプ支持者の溜まり場のバーに行ってみると、「さっきまでここにいたのに」と支持者の1人が答えた。別の支持者に、その角のホテルの前にいるかも、と言われて行ってみると、10人ほどの男性グループが普通のジャケットやジーンズ姿でビール片手に立ち話していた。

    「プラウド・ボーイズを見かけた?」と声をかけると、「僕たち全員、そうだよ」と1人が答える。彼はテネシー州から一晩かけてやってきた。全米の支部から、メンバーたちが集結している。

    「あなたたちに直接、会いたくて、探していたの」と私が言った。

   私は10月にニューヨークの五番街で行われたトランプ支持者の大集会で、プラウド・ボーイズのメンバーを見かけている。が、集会そのものの取材に忙しく、言葉を交わさなかった。集会は平和的に行われ、皆、陽気に楽しそうに歌い踊っていた。

    しかし、途中から反トランプ派が罵声を浴びせ、液体入りのベットボトルや石を投げつけるなどしたことから、デモ行進の終着地タイムズスクエアでは激しい衝突が起こり、多くの逮捕者が出た。少なくとも私が見た限りでは、トランプ支持者側から暴力を仕掛けてはいないようだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中