2020年 11月 25日 (水)

自動運転「レベル3」 ホンダの「世界初」、アピールに一役買う国交省の目論見は

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   ホンダは高速道路の渋滞時にドライバーがステアリングホイールから手を離し、携帯電話などの操作もできる「レベル3」の自動運転を実用化した。高級セダン「レジェンド」に搭載し、2020年度内に市販するという。

   ホンダが申請した自動運転システムを国土交通省が審査し、レベル3の安全性と量産を認める「型式指定」を行った。国交省によると、レベル3の自動運転車の量産が認められるのは世界初となる。

  • 国交省はプレスリリースも発表している
    国交省はプレスリリースも発表している
  • 国交省はプレスリリースも発表している

レベル3以上が本格的な自動運転に近づく

   自動運転は国際的に5段階に分かれ、レベル1が自動ブレーキなどの「運転支援」、レベル2が高速道路で車線を維持しながら前のクルマに追走するなど「高度な運転支援」を搭載したクルマを指す。レベル2までは自動運転といっても、ドライバーが前方や周辺の状況を監視する必要があり、自動ブレーキなどのシステムは文字通りドライバーを支援する存在だ。

   ここから先のレベル3以上が本格的な自動運転に近づく。

   レベル3は高速道路など「特定条件下の自動運転」を認められたクルマで、高速道路の渋滞時など限られた条件下では自動運転システムがドライバーに代わって運転する。ただし、高速道路でも条件が整わずシステムが対応できない場合は、これまで通りドライバーが運転する必要がある。

   レベル4以上が「完全自動運転」となり、原則としてドライバーが必要なくなる。今回のホンダのレベル3は、運転支援のレベル2と完全自動運転のレベル4の中間に位置する。

   これまで日欧などの自動車メーカーが実用化したのはレベル2の「高度な運転支援」だ。メルセデス・ベンツは2017年に高速道路で車線を維持するほか、遅いクルマが前方を走っていた場合、ドライバーがウインカーを操作すれば自動的に追い越すなどの運転支援システムを実用化した。ただし、自動的に車線変更して追い越す際もドライバーはステアリングホイールに手を添えていなくてはならなかった。

   日産自動車は2019年9月発売のスカイラインで「ハンズオフ機能」を世界で初めて実用化した。ハンズオフとは高速道路でドライバーがステアリングホイールから手を離しても、クルマが車線に沿って、前のクルマに追走する機能だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中