2021年 3月 5日 (金)

対面取引でも「手数料実質無料」 きらぼしライフデザイン証券「投信戦略」のポテンシャルは?

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

「デジタルバンク」設立準備で存在意義を見いだせるか

   東京きらぼしフィナンシャルグループは2020年10月30日に、きらぼしデジタルバンク設立準備会社を設立。2021年度中にデジタルバンクを開業すべく準備を進めている。

   きらぼし銀行との連携による対面コンサルティングサービスと非対面によるデジタルサービスとのハイブリッド化。即ち「『対話を軸にした"金融にも強いサービス業"』の更なる進化を目指す」(決算短信より)としている。

   銀行業と証券業の兼業が認められていない国内の金融事業規制とはいえ、投資信託は銀行でも証券でも扱える金融商品の一つ。投資信託以外の、証券業でしか扱えない株式などの金融商品を、長期資産形成というキーワードで顧客に提案しなければならないだろう。

   さもなければ顧客は預金を軸にお金の相談ができるデジタルバンクのほうを選ぶに違いない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中