2021年 5月 11日 (火)

鬼滅の刃ネタバレは「しんどい」 眞鍋かをりの「嘆き」に同情、助言...結末知ってても「泣ける」の声も

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   タレントの眞鍋かをりさん(40)が2020年11月24日、楽しみにしていた大ヒット中の映画「劇場版『鬼滅の刃』 無限列車編」の「ネタバレ」を各所で受け、うんざりしていることをツイッターで明かした。

   興行収入は24日までに歴代3位の259億円を突破し、勢いの止まらない同映画。当然ファンは多く、SNSやメディアでその名前を見ない日はない。それだけに降りかかってしまった「ネタバレ」に悲鳴をあげた眞鍋さんには、同情やネタバレ対策の助言、さらには「結末を知ってても、全く問題なく感動できました!」というポジティブな意見まで、さまざまな声が寄せられている。

  • 眞鍋かをりさん(2016年撮影)
    眞鍋かをりさん(2016年撮影)
  • 眞鍋かをりさん(2016年撮影)

「いろんな所からどんどんネタバレくらっててしんどいもう無理」

   眞鍋さんは「鬼滅はアニメと、コミックスは無限列車編の最初の方までしか読まずに我慢してて、もうちょっと落ち着いてから映画観に行ってそのあとコミックスで続きを読む計画でいたんだけど、その間にいろんな所からどんどんネタバレくらっててしんどいもう無理」と投稿。意図せずネタバレされたことを嘆いた。

   同映画は10月16日の公開から10日間で興収100億円、24日間で同200億円を超えており、いずれも国内上映の映画最速の記録。日に日にファンを増やしており、ツイッターなどでは感想が頻繁に投稿される。報道でも盛んに扱われているほか、日常会話にしばしば登場するという人も多いだろう。

   それだけに眞鍋さんのような「悲劇」に見舞われることは珍しくないようだ。ツイッターやネット掲示板では「それそれ。なんかいろんなところでネタバレが」「自分もネタバレ多過ぎて凹んでます」と同情する声。同映画を見るよう押し付けたり、批判を許さなかったりなどの風潮を指して「キメハラ(鬼滅の刃ハラスメント)」という言葉も生まれたが、「ある意味、キメハラですね」という声もある。

   対策として「ネタバレ嫌ならネット見るなよ」という書き込みもあるが、一方で「今の時代、情報のシャットダウンは難しいですね...たとえネット絶ちしても周りの人からボロボロと」との指摘もあり、一筋縄では防げなさそうだ。「早めに行くに限る」という方法が現実的なのかもしれない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中