2021年 1月 21日 (木)

マラドーナ氏、日本代表ドリブラーたちが追悼 乾貴士「何回もビデオ借りて...」堂安律「小学生の頃から憧れ」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   元アルゼンチン代表FWディエゴ・マラドーナ氏が2020年11月25日、ブエノスアイレス郊外の自宅で心臓発作を起こし、死去した。60歳。現地メディアが報じた。「神の手ゴール」「5人抜きドリブル」をはじめ、サッカー界に数々の伝説を残したスーパースター。マラドーナ氏に憧れ、同じように「ドリブル」を武器とする日本代表選手たちが、追悼メッセージを寄せている。

   165センチメートルの小柄な体から繰り出される華麗なドリブルは、世代を超えて世界中の選手、ファンを魅了。日本の数々のドリブラーにも影響を与えた。

  • 1986年のFIFAワールドカップで優勝した元アルゼンチン代表のディエゴ・マラドーナ氏(写真:Colorsport/アフロ)
    1986年のFIFAワールドカップで優勝した元アルゼンチン代表のディエゴ・マラドーナ氏(写真:Colorsport/アフロ)
  • 1986年のFIFAワールドカップで優勝した元アルゼンチン代表のディエゴ・マラドーナ氏(写真:Colorsport/アフロ)

「何回もビデオ借りて見ての真似しての繰り返しやった」

   エイバル(スペイン)のMF乾貴士(32)はインスタグラムで26日、「初めてプロの選手で憧れて、真似したのかがマラドーナやったなぁ」と回想。「何回もビデオ借りて見ての真似しての繰り返しやった。肩でトラップして後ろの相手抜いたのはほんまに衝撃やった!! 他にも凄いプレーがありすぎてそのプレーはあんま知られてないんやろなぁ。笑」とマラドーナ氏のプレーを振り返り、「亡くなってしまったのは残念やけど、ほんまにお疲れさまでした」と追悼した。

   ビーレフェルト(ドイツ)のMF堂安律(22)は同日インスタで、「RIP legend #diegomaradona」と追悼。マラドーナ氏の現役引退後に生まれた堂安も、「小学生の頃、恩師に誕生日プレゼントでもらったDVDがマラドーナのプレー集だった。その頃から憧れはマラドーナだったなー。沢山の夢を与えてもらいました。ご冥福をお祈りします」と大きな影響を受けたことを明かしている。

   MF香川真司(31)は同日、マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)在籍時代に撮影したマラドーナ氏との2ショット写真を、インスタのストーリーにアップ。「#RIPMaradona」の文字と、サッカーボール、合掌の絵文字を添えた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中