2021年 1月 21日 (木)

前夜祭の補填判明、安倍前首相には「誤算」? 関係者に聞いた「うわさ」への見解

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   「桜を見る会」前夜祭の問題で、安倍晋三前首相の周辺が、ホテルに支払った費用総額と会費との差額を補填したことを認めたと報じられ、その事情を巡ってネット上で様々な憶測も出ている。

   安倍氏には、事務所から誤った情報が伝えられていたという。こうしたことの真偽はよく分かっていないが、なぜこんな展開になったのだろうか。

  • 安倍前首相には誤算だった?(2020年8月撮影)
    安倍前首相には誤算だった?(2020年8月撮影)
  • 安倍前首相には誤算だった?(2020年8月撮影)

「検察への菅政権リークは、うわさに過ぎない」

   安倍氏の周辺が補填を認めたと報じたのは、2020年11月24日の毎日新聞ウェブ版記事などだ。

   それらによると、安倍氏には、補填の事実が伝えられておらず、23日になって初めて秘書が安倍氏に報告したという。補填額は、15年からの5年間で916万円に上るといい、ホテルから安倍氏代表の資金管理団体にあてた領収書は、廃棄された疑いがあるとも報じられている。

   報道によると、秘書らを事情聴取した東京地検特捜部は、政治資金規正法違反(不記載)の罪などでの立件を目指している。

   安倍氏は首相時代、すべて参加者の自己負担と国会答弁で強調していた。なぜ今になって、周辺が補填を認めるような事態になったのだろうか。

   事情に詳しい関係者は26日、J-CASTニュースの取材にこんな見方を示した。

「一部で、安倍さんの復権を警戒した菅義偉政権による検察へのリークという陰謀説のうわさが流れています。本当のところは分かりませんが、菅さんの責任問題にもなりかねないので、それはないかもしれません。検察は、最近いい話がないので、検察の威信にかけても見逃せないと考えたのだと思います。検察は、弁護士などからあった刑事告発を放置することができないため、年内に決着させようと考えたのでしょう」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中