2021年 5月 11日 (火)

「ネット流行語100」約5分の1に「鬼滅」 他にはどんなワードが?

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   ピクシブ(東京都渋谷区)とドワンゴ(東京都中央区)は2020年11月26日、今年インターネット上で最も流行した単語を決定する共同企画「ネット流行語100」を開催すると発表した。

   これに伴い、各社が運営するサービス「ピクシブ百科事典」と「ニコニコ大百科」の各単語ページにおける2020年のアクセス数をもとに、昨年から今年にかけてより伸びた上位100単語を「ノミネート100単語」として公開。この中から最も差分が大きかった単語を12月15日、「年間大賞」として表彰する。

  • ネット流行語100
    ネット流行語100
  • 「ネット流行語100」 2020 のノミネート単語
    「ネット流行語100」 2020 のノミネート単語
  • ネット流行語100
  • 「ネット流行語100」 2020 のノミネート単語

「鬼滅の刃」、「ホロライブ」、「ツイステッドワンダーランド」が約半数

 

   「ノミネート100単語」については、今年はランキングの算出方法を1年間の総アクセス数から、アクセス数の昨年比の差分へ変更にすることでまさに旬な単語が多くノミネートされた。今年流行した漫画、アニメ、ゲーム名やそれに登場するキャラクター、人気動画配信者、ネットミーム化した言葉などが含まれている。

   中でも「鬼滅の刃」、「ホロライブ」、「ツイステッドワンダーランド」の勢いが凄まじく、「ノミネート100単語」のうち約半数は上記3つに関するものだった。最も多くのノミネート単語を輩出したのは社会現象ともなった「鬼滅の刃」で、漫画のクライマックスにかけて話題となったサブタイトル、劇場版アニメで注目を集めたキャラクター「魘夢(えんむ)」や「煉獄杏寿郎」などがノミネートされた。同作からは全部で18単語が浮上している。

   2番目に多かったのが、カバーが運営するバーチャルYouTuber事務所「ホロライブプロダクション」の関連ワード。「ホロライブ」自体や、人気配信者名など11単語がノミネートされた。続いて多かったのは人気スマートフォン向けゲーム「ツイステッドワンダーランド」関連語で、10単語だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中