2021年 6月 20日 (日)

「ネット流行語100」約5分の1に「鬼滅」 他にはどんなワードが?

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

インターネットらしい項目も

   さらに「逆バニー」、「Party Parrot」、といったインターネットらしいワードも入っている。逆バニーは、バニーガールの衣装の被覆部分と露出部分を反転させた際どいもので、一部のイラストレーターやコスプレイヤーの間で熱い支持を受け、イラストや写真の投稿が相次いだ。「Party Parrot」は虹色に光るオウムのGifアニメ。海外ではチームコミュニケーションツール「Slack」などで用いられるリアクションとして流行していたという。しかし日本では、痴的ユーモアに半狂乱する「Party Parrot」の動画が広まってしまい、話題となった。

   このような今年を賑わせた100のワードがノミネートされている。ピクシブとドワンゴは12月15日、この中でも最も話題になった語を「年間大賞」として表彰する。さらに「ネット流行語100」の特設サイトより「年間大賞」の予想をツイートしたユーザーには、抽選でギフトなどをプレゼントするという。

   またJ-CASTニュースでも、「ネット流行語100」のうち、いくつかに関する話題を報じている。

   ●クソデカ羅生門(ネットミーム)

   「『クソデカ羅生門』異色のパロディー小説が話題 3DCGや朗読動画も

   ●サイコロステーキ先輩(漫画・アニメ「鬼滅の刃」)

   「鬼滅の刃『サイコロステーキ先輩』人気投票で大健闘 アニメ登場は約40秒なのに...

   ●たぬきち(ゲーム「あつまれ どうぶつの森」)

    「キンプリ永瀬、『たぬきの言いなり』になるゲームにぼやき なぜこっちが材料集めないといけないの!?

   ●辻野あかり/たべるんごのうた(ゲーム「アイドルマスターシンデレラガールズ」)

   「『あかりんごさんのおかげです』 デレマス辻野あかり祝福の『ご当地キャラ』を直撃

   ●ぴえん(絵文字)

   「『ぴえん』商標出願で使えなくなる? アパレル会社申請にネット物議も『保険的な意味』

   ●連ちゃんパパ(漫画「連ちゃんパパ」)

   「『連ちゃんパパ』作者、ブームへの困惑と作品に託した思い 『取り扱い注意啓発本として...』

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中