2020年 9月 28日 (月)

「連ちゃんパパ」作者、ブームへの困惑と作品に託した思い 「取り扱い注意啓発本として...」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   2020年5月上旬、ネットで突然ブームになったマンガが「連ちゃんパパ」である。

   無名のパチンコマンガだった本作は、ほのぼのとした絵柄からは正反対の「クズばかり」の登場人物や、彼らが破滅していく展開が注目されて知名度が急上昇した。作品の評判と、作者・ありま猛さんの突然のブームへの感想は......

  • ほんわかな絵柄だが、読み始めてみると…(c)ありま猛/秋水社ORIGINAL
    ほんわかな絵柄だが、読み始めてみると…(c)ありま猛/秋水社ORIGINAL
  • ほんわかな絵柄だが、読み始めてみると…(c)ありま猛/秋水社ORIGINAL

単行本化もされていなかったのに...

   パチンコ三昧かつ子持ちの男が、パチンコ依存が止まらず、周囲の人間を悲惨な目に巻き込みながら社会を転々とするというのが「連ちゃんパパ」の大まかな筋書きだ。マンガ配信サイトの「マンガ図書館Z」で全話無料配信されており、アクセスが集中して5月12日には一時マンガ図書館Zのサーバーがダウンした。折しも外出自粛要請の中、営業を続けるパチンコ店に対して行政が店名公表に踏み切るなど、パチンコが槍玉に上がっていた時期でもあった。

   絵柄とは裏腹の内容に「闇金ウシジマくんがかわいく見える」「読むストロングゼロ」「パチンコ屋に置きたい」「ダメ人間の見本市」などの感想が続出し、SNSでの流行語になった。

   ところが、「連ちゃんパパ」はこれまで単行本化もされておらず、連載されていた正確な時期すらもわかっていなかった無名のマンガだった。パチンコ雑誌の「パチプロ7」に連載されていたとのことだが、この雑誌は既に休刊。版元も統合されて別の会社になっている。ただし後に、2018年から秋水社で電子書籍で刊行、それがマンガ図書館Zでも配信されて今回のブームにつながり、さらにはありま猛さんの他の作品も注目されるようになった。

   改めて秋水社に取材を行ったところ、本作は正確な号数などはわからないものの、1994年春から97年秋頃まで連載されていたとのことだった。ありま猛さんと編集者の間で電子化の話が浮上し、デジタルコミックに向くと考えて刊行したそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中