2021年 5月 8日 (土)

LiLiCo、自作の生ハム堪能 手作り体験から数か月...「買うものとまた違って柔らかい」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   タレントで映画コメンテーターのLiLiCoさんが生ハムを手作りしたことを明かした。

  • LiLiCoさん(2017年撮影)
    LiLiCoさん(2017年撮影)
  • LiLiCoさん(2017年撮影)

「血抜きが大変でわたしの力だけでは無理!」

   LiLiCoさんは2020年12月9日にブログを更新し、

「この前待っていたものが届いたと話したけど、待っていたものとは...」
「自分で作った生ハム!」

と、自宅に自作の生ハムが届いたことを報告した。

   LiLiCoさんが生ハムを作ったのは、今年初め、3年越しに行くことが叶った秋田県・田沢湖の「生ハム工房」だったといい、LiLiCoさんは生ハムを仕込んでいる自身の写真を披露。写真の中のLiLiCoさんは豚の脚に懸命に塩を塗り込んでいたが、かなりの重労働だったようで、

「血抜きが大変でわたしの力だけでは無理」
「寒くて指の感覚が」

と嘆いていた。

   もともとこの体験はやる予定がなかったものの、飛び入りで参加したといい、

「生ハムが大好き」
「作る大変さはこの体験でよ~くわかった」

と作業を通じ、作る大変さも知った様子だった。

   その大変さから数か月後に生ハムが送られてきたといい、LiLiCoさんは台に設置された立派な生ハムの写真を公開し、

「生ハムの台は王様のブランチ、映画コーナーのスタッフからお誕生日にもらったもの」

と告白。ようやく食べることのできた生ハムは、

「たくさんの油に包まれていて、やっと食べられるところに辿り着いて...美味しかったーーーーーー」

と絶品だったとのこと。

「買うものと また違って、柔らかい~"生"って感じ」
「大切にいただきます」

とつづっていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中