2021年 1月 23日 (土)

富良野21万、稚内33万、留萌22万... TBS「ひるおび!」道北の人口をテロップミス

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   富良野市21万人、稚内市33万人、留萌市22万人――。

   TBSの情報番組「ひるおび!」で、北海道のコロナ感染状況を報じる中で、道北の自治体人口を大幅に間違って報じるハプニングがあった。

  • TBSテレビ
    TBSテレビ
  • TBSテレビ

「桁」を間違えた?

   2020年12月9日の「ひるおび!」では、北海道でコロナ感染者が急増し、旭川市では自衛隊による医療支援が始まったニュースを報じる中で、旭川市を含めた道北6自治体の人口をテロップで示した(道北には他にも名寄市・士別市などの自治体がある)。

   ところが、この6自治体(旭川市・富良野市・稚内市・留萌市・利尻町・礼文町)の人口のうち、旭川市・利尻町・礼文町の人口は統計通りだったものの、富良野市の人口が21万人(実際は約2万1000人)、同じく稚内市が33万人(3万3000人)、留萌市が22万人(2万2000人)と10倍に間違って表示されていた。また6自治体の合計人口も「約109万5000人」と大幅に水増しされたデータがテロップで掲げられた。

   これには視聴者から「桁間違えたっぽい」という驚きや批判とともに、

「首都圏に住んでる奴は『市』を名乗る自治体が10万もいないなんて夢にも思ってないのだろう」
「そこに20万都市いくつもあったらJR北海道さんは、こんなに経営苦しんでないんですよね」
「『市の人口が2万人なわけねーよな!(都民感覚)』でやらかしたでしょ」

   といったツッコミの感想もSNSに投稿されている。

   その後番組では、前出の合計人口について「正しくは40万8600人でした」と訂正を行った。

   TBSも12月10日のJ-CASTニュースの取材に対し、「番組内で放送された内容が全てで、番組内で訂正しております」と答えている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中