2021年 1月 22日 (金)

田中正義、佐々木千隼、そして清宮幸太郎は... 「期待のドラ1」たちの苦境

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   新人はドラフトを経て各球団に入団する。1位指名の選手が注目され、チャンスの数も多いが、活躍できる選手は多くない。

   2010年ドラフト1位でソフトバンクに入団した山下斐紹は「将来の正捕手候補」と期待されながら伸び悩み、17年オフにトレードで楽天へ。20年は8試合の出場にとどまり、戦力外通告を受けた。一方、同年のドラフトで育成選手として入団した千賀滉大、甲斐拓也は無名の存在だったが、球界を代表する選手に飛躍。対照的な結果になっている。

  • 高校時代の清宮。当時は国民的な注目を集めたが…(2017年)
    高校時代の清宮。当時は国民的な注目を集めたが…(2017年)
  • 高校時代の清宮。当時は国民的な注目を集めたが…(2017年)

「1年目から2ケタ勝てる」→プロ4年で0勝

   「大学No.1右腕」の呼び声高く、16年ドラフトの目玉として注目されたソフトバンク・田中正義も苦しんでいる。156キロの直球とスライダー、フォークを武器に、創価大の3年時はユニバーシアード代表としてNPB選抜と対戦した際は7打者連続三振の快投。バックネット裏のスカウトたちは「モノが違う」、「1年目から2ケタ勝てる」と絶賛していた。

   5球団が競合の末、希望球団のソフトバンクに入団したが、右肩痛、右肘痛と度重なる故障に見舞われる。今年は1軍登板なしに終わり、プロ4年目を終えた時点で通算11試合登板0勝1敗、防御率8.16。先発の柱として期待されたが、未勝利で背水の陣を迎えている。

   10年ドラフトで田中、柳裕也と共に「大学ビッグ3」と高い評価を受けたのがロッテ・佐々木千隼だった。150キロを超える直球とスライダー、シンカーなど多彩な変化球を武器に、アマチュア球界屈指の好投手として評価が高かった。桜美林大の4年時には東海大の菅野智之(現巨人)に並ぶリーグ最多記録の年間7度の完封勝利をマーク。ドラフトで「外れ1位」でNPB史上最多の5球団が競合した。

   即戦力と期待されたが、佐々木も田中と同様に万全のコンディションでなかなか投げられない。右肘痛、右肩痛に悩まされて今季は5試合登板のみ。新人の17年で4勝を挙げたのが自己最多は寂しい数字だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中