2021年 10月 26日 (火)

岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち
ジョン・レノンが「分断の今」を生きていたら

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「真実がほしい」(Gimme Some Truth)――。ジョン・レノンが作った曲のタイトルで、1971年のアルバム「イマジン(Imagine)」に収録されている。コロナで「自由」を奪われ、「分断」された米国で今、人々はジョン・レノンに何を求めているのか。彼が生きていたら、私たちにどんなメッセージを送っただろうか。

   自宅前で凶弾に倒れ、40歳でこの世を去ったビートルズの元メンバー、ジョン・レノンを追悼するため、2020年12月8日の命日にニューヨーク・セントラルパークの記念広場に集まったファンの人たちに聞いてみた。

  • ニューヨークのセントラルパークのストロベリー・フィールズには多くの人々が集まり、ジョン・レノンを偲んで花束が捧げられ、ローソクが灯された(2020年12月8日、筆者撮影)
    ニューヨークのセントラルパークのストロベリー・フィールズには多くの人々が集まり、ジョン・レノンを偲んで花束が捧げられ、ローソクが灯された(2020年12月8日、筆者撮影)
  • ニューヨークのセントラルパークのストロベリー・フィールズには多くの人々が集まり、ジョン・レノンを偲んで花束が捧げられ、ローソクが灯された(2020年12月8日、筆者撮影)

「『真実がほしい』と言うはずだ」

   「真実がほしい」(Gimme Some Truth)――。

   ジョン・レノンが生きていたら今、どんなメッセージを私たちに送ったと思うか、と私のすぐ隣でギターを弾いていたマイケル(38)に聞くと、開口一番、そう答えた。

   マイケルはこの日、夕方5時から午前1時過ぎまで、セントラルパークの一角にあるジョン・レノンの記念広場「ストロベリー・フィールズ(Strawberry Fields)」で8時間、ギターを弾き続けた。

   「真実がほしい」は、発表後、ベトナム戦争に対する反戦ソングとなった。その歌詞にはこうある。(和訳は筆者) 

「僕はもう、耳を傾けるのはうんざりなんだ
   イライラした目先のことしか見えない偏狭な偽善者の言うことに 僕がほしいのは、真実だけ
   ほんの少しの真実をくれ」
「『真実』は『愛』以上に大事なことだ。ジョンは言うはずだ。真実がほしければ、恐れるな、と。恐れることをやめれば、誰にもコントロールされることはない。その権利を失うことは、『自由』を失うこと」

   マイケルは音楽で生計を立てようとしているが、以前はジャーナリストとして働いたこともある。この日、彼と同じように、ギターを手にミュージシャンが次々と現れた。ドラムやキーボードも持ち込まれる。タンバリンでリズムを取る人もいる。

   音楽に魅きつけられるように、人々がひっきりなしに訪れる。50、60人がミュージシャンを囲み、演奏に合わせて、レノンやビートルズの曲を歌い続ける。少し離れたところで、ギターを弾き、歌い、踊る人たちもいる。

   ホームレスの人たちも、笑顔で交じっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中