2021年 1月 23日 (土)

井上尚弥「ライバル候補」が登場 ドネア不参加も12・19は2つの注目カードが

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   米スポーツチャンネル「ショータイム」は2020年12月14日(日本時間15日)、公式SNSボクシング専門アカウントで12月19日に米コネチカット州で予定しているカードを発表した。WBC世界バンタム級暫定王座決定戦には、エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)とレイマート・ガバリョ(フィリピン)が出場。新型コロナウイルスの陽性反応を示したノニト・ドネア(フィリピン)は不参加となるようだ。

  • 井上尚弥
    井上尚弥
  • 井上尚弥

ドネアの代役はフィリピンの「KOアーティスト」

   「ショータイム」の発表によると、ロドリゲスの対戦相手はガバリョとなっており、出場を希望していたドネアの願いは叶わなかったようだ。WBCが公式サイト上で発表しているスケジュールでも12月19日は、ロドリゲスVSガバリョのバンタム級暫定王座決定戦となっており、当日は同カードが行われる見通しとなっている。

   ドネアが出場しないとはいえ、19日の興行は注目のバンタム級2試合が組まれており、WBA、IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)のベルトを狙う4選手がリングに上がる。

   WBC世界バンタム級暫定王座決定戦では、王座返り咲きを目指すロドリゲスに24歳のホープが挑む。ドネアの代役として急きょ抜擢されたガバリョは23勝全勝(20KO)のパンチャーでWBA同級1位につけている。WBCランクは世界26位と低いものの、地元フィリピンでは「KOアーティスト」と称され、大きな期待が寄せられている。近い将来、井上のライバル候補になりそうな選手だ。

   一方、元世界王者として受けて立つロドリゲスにとっては、ようやく巡ってきた世界戦のチャンスだ。2019年11月にWBC世界バンタム級挑戦者決定戦に出場を予定していたが、対戦相手のルイス・ネリ(メキシコ)の体重超過により試合は中止に。不運に見舞われたロドリゲスは19年5月以来リングから遠ざかっており、WBC暫定王座を獲得し世界のバンタム級戦線に浮上したいところだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中