2021年 1月 22日 (金)

Pornhubへの追及に、日本から「殺害予告」 「特別な悪意を向けられた」米ジャーナリスト明かす

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   子どもの性的虐待などが含まれた動画が見つかったとして、アダルト動画サイト「Pornhub」が一部の動画を非公開にした騒動で、問題を指摘した著名ジャーナリスト、ニコラス・クリストフ氏に対し、日本のユーザーが誹謗中傷する事態となっている。クリストフ氏が2020年12月17日、ツイッターで明かした。

  • クリストフ氏のツイッターより
    クリストフ氏のツイッターより
  • 2019年のPornhub国別アクセス数
    2019年のPornhub国別アクセス数
  • クリストフ氏のツイッターより
  • 2019年のPornhub国別アクセス数

報道きっかけに多くの動画が非公開に

   クリストフ氏は12月4日、米紙「ニューヨーク・タイムズ」の電子版に「Pornhubと子どもたち なぜカナダはこの会社(編注:Pornhubの運営会社「マインドギーク」はカナダに本社がある)が搾取と暴力から利益を得ているのを許しているのか」と題した記事を寄稿した。Pornhubに、子どもの性的虐待やレイプシーンなどが含まれる動画が投稿されていると問題提起している。

   報道を受け、英BBC放送の12月8日付記事でも「BBCニュースは2月、14歳の時にレイプされ、その時の動画がPornhubにアップロードされたローズ・カレンバ氏の経験を伝えた。カレンバ氏は動画をサイトから削除するのに苦労したと話した」と伝えている。

   米ブルームバーグ通信などによれば、クリストフ氏の記事をきっかけに、主要クレジットカード会社がPornhubでの決済利用を停止し、マインドギークは14日、未承認ユーザーが投稿した動画を非公開にするなどの措置を取ったと発表した。

   日本人の一部のPornhub利用者は、一連の事態を快く思わなかったようだ。クリストフ氏は17日、「Pornhubの日本のファンたちから特別な悪意を向けられ、殺害予告も時折受ける。その洪水の中、この投稿は丁寧で楽しませてくれた」とツイートした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中