2021年 4月 13日 (火)

「井岡一翔VS田中恒成」 専門家「田中の後半KO勝ち」予想の理由は...

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   ボクシングのWBO世界スーパーフライ級タイトル戦が2020年12月31日、東京・大田区総合体育館で行われる。王者・井岡一翔(31)=Ambition=が、同級1位・田中恒成(25)=畑中=を迎えて防衛戦に臨む。ともに世界の複数階級を制しており、ボクシングファン必見の好カードだ。王者の防衛か、それとも新王者誕生なるか。J-CASTニュース編集部は、協栄ジムの金平桂一郎会長(55)に勝負の行方を占ってもらった。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

「先に仕掛けるのは田中選手だろうと思います」

   毎年恒例となっているボクシングの大みそか決戦。今年のトリを飾るのは、WBO世界スーパーフライ級王者・井岡と世界3階級制覇の田中だ。世界4階級を制した井岡はベテランの域に達しており、確かな技術を持ち合わせる王者である。一方の田中はスピード出世を果たした日本のホープ。井岡を破って世界に名を売りたいところだ。

   今回のタイトル戦は、過去の日本人同士による世界戦の中でもトップレベルだろう。世界戦の経験が十分の両者はどのように試合を進めるのだろうか。試合展開について金平会長は次のように予想した。

「田中選手は挑戦者という立場もあるので仕掛けるでしょ。ボクシングのスタイルもそういうスタイルですし、先に仕掛けるのは田中選手だろうと思います。この展開は当然、井岡選手は読んでいる。これをどう迎え撃とうかと考えているでしょう。井岡選手はメディアを通じて『チャンピオンらしく格の違いを見せる』と言っていますが、これは田中選手が突っ込んでくると予測したものだと思います。井岡選手は過去に八重樫(東)選手と対戦しました。この時は受けて立つようなボクシングをしました。今回はこの時のようなボクシングが予想されます」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中