2021年 5月 7日 (金)

井岡一翔「評価急上昇」でビッグマッチの好機 世界のスーパーフライ級は強敵そろう

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   ボクシングのWBO世界スーパーフライ級タイトル戦が2020年12月31日、東京・大田区総合体育館で行われ、王者・井岡一翔(31)=Ambition=が同級1位・田中恒成(25)=畑中=を8回TKOで破り王座防衛に成功した。注目の日本人対決を制した井岡は目標の王座統一へ向けて大きく前進。最高の形で2020年を締めくくった。

  • 田中恒成を8回TKOで破った王者・井岡一翔(写真:AFP/アフロ)
    田中恒成を8回TKOで破った王者・井岡一翔(写真:AFP/アフロ)
  • 田中恒成を8回TKOで破った王者・井岡一翔(写真:AFP/アフロ)

ビッグマッチ実現なら海外進出も

   「世代交代」を掲げて4階級制覇を目指した田中を技術で封じ込めた。初回から果敢に攻め込む田中に対して井岡はガードを固めて冷静にパンチを見極めた。5回には田中のガードが下がったところに左フックを打ち込みダウンを奪い、6回にも左フックでダウンを奪った。とどめの一撃も左フック。井岡の左が田中のアゴを捕らえたところにレフリーが割って入って試合を止めた。

   世界3階級制覇の無敗挑戦者を寄せ付けず王座防衛を果たした井岡が次に見据えるのが王座統一戦だ。スーパーフライ級には強豪王者が顔を揃え、統一戦となればビッグマッチとなることは必至。海外進出の可能性もあり、かねてからビッグマッチを望む井岡にとっては大きなチャンスとなる。

   世界のスーパーフライ級の現状はどのようになっているのか。WBAはローマン・ゴンサレス(ニカラグア)がスーパー王者に君臨し、WBCは同級最強の呼び声高いファン・フランシスコ・エストラーダ(メキシコ)がベルトを保持。そしてIBFはジェルウィン・アンカハス(フィリピン)が長期政権を築こうとしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中