2021年 5月 8日 (土)

「みどりの窓口」大量削減 JR西日本の「セルフ化」施策どこまで進むか

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   2020年12月16日、JR西日本は「みどりの窓口」設置駅を2年後に半分近くまで削減することを発表した。「みどりの窓口」削減により販売の「セルフ化」がどんどん進む。これからの駅はどのようになるのだろうか。

  • JR岡山駅
    JR岡山駅
  • JR新神戸駅のきっぷ売り場
    JR新神戸駅のきっぷ売り場
  • JR岡山駅
  • JR新神戸駅のきっぷ売り場

設置340駅を2年で180駅に

   12月16日、JR西日本は「みどりの窓口」の大幅な削減を発表した。JR西日本管区内において「みどりの窓口」設置駅は約340駅(2020年度初)である。2022年度末には約180駅、2030年度末には約100駅まで削減する。

   「みどりの窓口」の削減とは反対にオペレーターと通話可能な「みどりの券売機プラス」やクレジットカードを利用した定期券の購入が可能な高機能型券売機の設置駅を増やす。「みどりの券売機プラス」設置駅はJR西日本管区内において約100駅(2020年度初)であるが、2022年度末には約180駅、2030年度末には約200駅まで増やす。

   また主要な新幹線・特急停車駅以外の「みどりの窓口」の営業時間を8:00~20:00で統一する。「みどりの窓口」設置駅の削減等に伴い、2022年度末時点で年約15億円の人件費を低減できるという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中