2021年 5月 16日 (日)

平手友梨奈が内村光良に、鞘師里保が明石家さんまに 再会で見せた「あの頃」の顔

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   アイドルグループを巣立った「元エース」の2人が2021年1月3日、それぞれ縁が深いタレントとバラエティー番組で共演し、久々に柔らかな表情を見せた。

   元欅坂46の平手友梨奈さんは、彼女の「大ファン」だという内村光良さんと、元モーニング娘。の鞘師里保さんは、アイドル時代にラジオで様々なエピソードをファンに残した明石家さんまさんと「再会」、それぞれのファンにとって感慨深いシーンになったようだ。

  • 平手友梨奈さん(2018年撮影)
    平手友梨奈さん(2018年撮影)
  • 平手友梨奈さん(2018年撮影)

「マジで?本物」

   内村さんは、1月3日放送の「世界の果てまでイッテQ!新春スペシャル!」(日本テレビ系)で、「かくし芸チャレンジツアー」の最後に福岡県の伝統芸能「筑前博多独楽」にチャレンジ。ここで特別ゲストとして、予告なく平手さんが登場した。ロケ地(東京・明治記念館)で、番傘で顔を隠して後方から現れた平手さんに「えーっ!違う違う違う」「マジで?本物」とびっくりしていた。この時の収録を「1時間くらい上の空で...」と振り返っていた内村さんだが、平手さんと2人で経験者の指導を受け、本番に挑戦する。

   内村さんは「憧れる。ダンスとか表現力とか完璧じゃないですか」という平手さんを前に、緊張のためか練習中に話が盛り上がらず。スタジオの共演者に「一般の方の飲み会の方がもうちょっと盛り上がりますよ」と突っ込まれていたが、2人で「手乗り独楽」「破胡板(板の上で独楽を回す」「万灯(独楽を糸で通してくす玉を割る)」の曲芸を成功させた。

   2017年から19年まで大みそかの紅白歌合戦で共演。17年には、内村さんが欅坂メンバーと共に「不協和音」を踊った。平手さんは20年1月に欅坂46を脱退後、バラエティー番組の出演はこの日が初めてだった。久しぶりに表情豊かな平手さんを見たファンは、

「てちがバラエティ出て笑ってる日が来るとは思っても見なかった。和やかでホッとする」
「てち、バラエティ共演がウッチャンで良かったねえ」
「イッテQで世間のてちのイメージ変わって欲しいですね!本当はよく笑う子ですよ」

   とツイートしていた。

「再出発」へのエール

   「行列のできる法律相談所20周年企画~さんまと豪華芸能人10年ぶり●●しましたSP」(日本テレビ系)には、元モーニング娘。の鞘師里保さんが出演。鞘師さんと司会の明石家さんまさんは、ラジオ「MBSヤングタウン土曜日」で共演していた仲だ。

   2015年に17歳でモーニング娘。を卒業して渡米、昨年から本格的に日本で芸能活動を再開した鞘師さん。当時を「20歳になるとき、このまま大人になったら危ないなと、一旦外に出た方がいいなと」振り返った。その後、さんまさんとの息の合ったトークや8年前に「悩んでいた時期にたまたま大阪で食べたたこ焼きに元気をもらった」と、たこ焼きの味を求めて大阪の街を歩く鞘師さんの様子などが放送された。

   ツイッターには、「さんまさんからの、再出発へのエールの様だったな」「鞘師ちゃんの良い所がいっぱい出てた!さんまさんありがとうございます」などの感想があり、こちらもモーニング娘。のファンにとってたまらない番組になったようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中