2021年 5月 14日 (金)

「進撃の巨人」完結に花王ツイッターがショック受けた理由 名前を見ると「なるほど」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   講談社は2021年1月5日、人気マンガ「進撃の巨人」が4月9日発売の「別冊少年マガジン5月号」で完結すると発表した。コミックス最終巻となる34巻は6月9日に発売予定で、2009年9月から11年半にわたる連載が完結となる。

  • 講談社「進撃の巨人」
    講談社「進撃の巨人」
  • 講談社「進撃の巨人」

「ようやく終えることができそうです」

    作者である諫山創さんは発表内でこう語る。

「あと3年で終わると8年前から言ってましたが、ようやく終えることができそうです。大変長くなってしまいましたが、最後までお付き合いいただけましたら幸いです。
決して編集部に引き伸ばされたわけでもなく、むしろ『いつ終わるのか』と急かされ続けての晩年でした。すいません、ようやく終わります。
今まで読んできてよかったと思っていただけるように、最終回に向けて頑張ります」

   最終巻発売を告知するプロモーションビデオも公開された。主人公・エレンの声を演じる梶裕貴さんはツイッター上でこう述べた。

「ついに、この時が。
『駆逐してやる この世から 一匹残らず』
PV内のこの台詞、新規収録しました。
原点に帰れた気がして...血湧き肉躍りました」

   読者からは「最終回寂しいけど楽しみに待ってます」、「進撃ついに完結か~!」と悲喜こもごもな声が寄せられた。そしてこのような感慨に浸るアカウントの一つに、花王の公式アカウントがあった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中