2021年 1月 20日 (水)

「笑ってはいけない」松本人志・浜田雅功が再び仕掛け人側へ!? 隠せぬ老化、そして後任は...

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   新型コロナウイルスの流行という困難の中、それをものともせず例年通りに放送された2020年の「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」の「絶対に笑ってはいけないGo Toラスベガス24時!」。万難を排しての放送は11年連続の民放視聴率トップをマークするなど、順風満帆に思えた。

   しかしその一方で、出演者のダウンタウンの2人の様子を案じる声がネット上に噴出していたのだ。

  • 視聴者から体を労わられる存在になりつつある!?
    視聴者から体を労わられる存在になりつつある!?
  • 視聴者から体を労わられる存在になりつつある!?

千原ジュニアさんから「遅い!」との指摘を受けて再挑戦するも...

   そのような声が目立ったのは、放送開始から3時間30分が経過した2020年12月31日の22時台に放送されていた「下剋上ゲーム対決」というコーナー。レギュラー出演者のダウンタウン、月亭方正さん(52)、ココリコの5人が「第7世代」のお笑い芸人たちとさまざまなゲームで対決するコーナーだったが、その中で行われた「ひとりE.T.」というゲームに対し、視聴者から「ダウンタウンの老化」といった声が上がったのだ。

   同ゲームは両手を真横に伸ばした状態から、腕を曲げずに両腕を閉じて人差し指の先同士をピッタリくっつければ成功というゲーム。指先が合わなければ失敗となるほか、指を併せる速さがあまりにも遅い場合も失敗となる、体の動きの器用さが必要とされるゲームだ。いざゲームが始まると、1番手の桃田賢斗選手(26)は難なくクリアしたものの、2番手の松本人志さん(57)が、さっそくブレーキをかけてしまった。

   松本さんは、両腕を閉じる動きこそ綺麗だったものの、その速度は目測ながら桃田選手の半分程度。そのため、審判を務めた千原ジュニアさんから「遅い!」との指摘を受けて再挑戦するも、やはり、同様の速度。このため、第7世代からはヤジが飛ぶなどしたが、千原さんはゲームバランスを考えて(?)松本さんを「ギリ成功」と判断したのだった。

   ただ、その次の浜田雅功さん(57)は「救いようがない」状態だった。両腕を閉じる速さは松本さんと同レベルであることに加え、その両腕はプルプル震えており、結果、指先はくっつかず。あまりの不出来ぶりには千原さんや第7世代から、「完全におじいちゃんや!」「リハビリだよ!」といったヤジが浴びせられてしまったのだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中