2021年 1月 23日 (土)

成人式は「一人、決意して独り立ちする日」 コロナで中止・延期に芸能界から多くの声

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   2021年も「成人の日」を迎えた。コロナ禍での成人式は例年と大きく異なり、各地で式典が延期・中止を余儀なくされている。開催される場合でも、「参列する」ことへの賛否が分かれている。

   1月10日には感染症を専門とする医師・岩田健太郎教授(神戸大学)がブログで、新成人に「成人式には行かないで」と呼びかけ、議論を呼んだ。多くの共感を得ている一方、「一生に一度の通過儀礼をやめろと成人すぎた人達が言う権限ないと思う」との指摘も。そうしたなか、そもそも「みんなにお祝いしてもらう日」ではないと持論を展開する人がいる。

  • コロナ禍での成人式「悪くない」と激励も(写真はイメージ)
    コロナ禍での成人式「悪くない」と激励も(写真はイメージ)
  • コロナ禍での成人式「悪くない」と激励も(写真はイメージ)

加藤登紀子「こんな厳しい状況の中も悪くない」

「ちょっと辛い成人式になりましたが、ほんとは、20歳は、みんなにお祝いしてもらうような日じゃなく、たった一人、決意して独り立ちする日じゃなかったかなと思う。こんな厳しい状況の中も悪くない」

   シンガーソングライターの加藤登紀子さん(77)は1月11日、ツイッターでこう綴った。

   キタムラが運営する「スタジオマリオ」の公式サイトによると、地域の新成人が一堂に会して行う「成人式」の発祥は、1946年に埼玉県の現・蕨市で開催された「青年祭」だという。それが全国に広まり、49年の1月15日が「成人の日」と制定された。

   70年余り続いている伝統儀礼ではあるが、加藤さんにとっては「青年祭」は生まれた後の出来事。ツイートで新成人を鼓舞し、夜に行うYouTubeライブで「たっぷり語り歌います。見て、あなたも参加してね」と結んでいる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中