2021年 3月 8日 (月)

【追記あり】スペルミスのビール「サッポロ 開拓使麦酒仕立て」発売中止撤回 「LAGAR」のまま発売へ、広報「異例の展開でした」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   サッポロビールは2021年1月13日、ラベルデザインに誤表記が見つかった新商品のビール「サッポロ 開拓使麦酒仕立て」について、発売中止を撤回すると発表した。

   消費者から販売を望む声などがあったとして、異例の決断をした。

  • サッポロ 開拓使麦酒仕立て
    サッポロ 開拓使麦酒仕立て
  • 【発表全文】本商品の取扱いを心配される声や、発売を切望する声など多数のご意見が寄せられ、両社にて慎重に検討を重ねた結果、お客様のご意見を真摯に受け止め、発売中止の決定を取り消すことといたしました
    【発表全文】本商品の取扱いを心配される声や、発売を切望する声など多数のご意見が寄せられ、両社にて慎重に検討を重ねた結果、お客様のご意見を真摯に受け止め、発売中止の決定を取り消すことといたしました
  • サッポロ 開拓使麦酒仕立て
  • 【発表全文】本商品の取扱いを心配される声や、発売を切望する声など多数のご意見が寄せられ、両社にて慎重に検討を重ねた結果、お客様のご意見を真摯に受け止め、発売中止の決定を取り消すことといたしました

「温かいご意見を頂きました」

   同商品は、ファミリーマートとの共同開発商品。12日から全国のファミリーマートで発売を予定していたが、ラベルの「LAGER」を「LAGAR」と誤表記してしまい、8日に急きょ発売中止となった。

   しかし急転直下で決定を覆した。サッポロビールによれば、「本商品の取扱いを心配される声や、発売を切望する声など多数のご意見」が寄せられたといい、当初のスケジュールを後ろ倒しした2月2日から発売する。同社は「温かいご意見を頂きましたことに御礼申し上げます」と感謝を伝えている。SNS上でも「#EじゃなくてもAじゃないか」といったハッシュタグが作られるなど、発売を望む書き込みが広がっていた。

   誤表記をしているものの、品質や成分に問題はないという。350ml缶が税込219円、500ml缶が同286円。

   (13日18時13分追記)サッポロビール広報部は13日、J-CASTニュースの取材に「異例の展開でした」と率直な思いを語った。消費者からの直接の問い合わせは「かなり多かった」といい、そうした声を受けて両社で協議の上、発売中止の撤回にいたったという。誤表記については店頭販促物で周知する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中