2021年 6月 21日 (月)

「ゆうぞうお兄さんを思い出して...」 おかあさんといっしょ「ぼよよん行進曲」放送にファン涙

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   2021年1月18日放送の「おかあさんといっしょ」(NHK・Eテレ)で、「ぼよよん行進曲」が放送された。

   これを受けて視聴者の間では、20年に亡くなった今井ゆうぞうさんを偲ぶ声が広がっている。

  • 20年には「大集合『ぼよよん行進曲』 お兄さんお姉さん中西圭三さんといっしょ」に参加していた
    20年には「大集合『ぼよよん行進曲』 お兄さんお姉さん中西圭三さんといっしょ」に参加していた
  • 20年には「大集合『ぼよよん行進曲』 お兄さんお姉さん中西圭三さんといっしょ」に参加していた

「『ぼよよん』ほろりと元気頂きました」

   歌手で俳優の今井さんは、2003年から08年までの約5年間、「おかあさんといっしょ」で10代目の歌のお兄さんを務めていた。当時人気だった曲には、「ぼよよん行進曲」、「ずんずんあるいて」、「しろいともだち」などがある。

   引退後は、コンサートや舞台を中心に活躍。20年には、ステイホーム期間の子どもたちを元気づけるため、歴代の歌のお兄さん・お姉さんとともに「ぼよよん行進曲」をリモート合唱したことで話題になっていた。しかし同年12月21日、脳出血により自宅で亡くなった。43歳だった。

   21年1月18日、「おかあさんといっしょ」で「ぼよよん行進曲」が放送されると、SNS上では今井さんを偲ぶ声が広がった。

「ぼよよん行進曲で大泣きでした。初めての子育てで私を助けてくれたのは、旦那でも誰でもなくて、ゆうぞうお兄さんとしょうこお姉さんの歌声でした。本当に感謝しかありません」
「ぼよよん行進曲ありがとう 今はゆうぞうお兄さんを思い出して切なくもなりますが、やっぱり元気の出るいい曲」

   同曲を作曲した中西圭三さんも、こうコメントした。

「『ぼよよん』ほろりと元気頂きました『ブー!スカ・パーティー!』最高
早くまた友だちんちに行ってパーティーで盛り上がれる日が戻りますように...」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中