2021年 6月 15日 (火)

テレ東3番組の「マスク義務化」に反響 広報「スタジオの感染対策を強化することが必要」と意義強調

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   テレビ東京の報道3番組は、出演者がスタジオ内でトークをする際、マスクを着用することを決めた。

   同局は「市中の感染が拡大する中、より一層、スタジオの感染対策を強化することが必要」との考えを示し、視聴者に理解を求めている。

  • テレビ東京公式サイトより
    テレビ東京公式サイトより
  • テレビ東京公式サイトより

「様々なご意見があると思います」

   J-CASTニュースが確認したところ、2021年1月19日までにこの方針を採用したのは「ワールドビジネスサテライト(WBS)」「Newsモーニングサテライト」「日経モーニングプラスFT」の3番組。

   WBSの大江麻理子キャスターは、18日の放送にマスク姿で出演し、「今日からスタジオ内でトークをする場合には、お互いにマスクを着用することにしました」と報告した。

   これまでもソーシャルディスタンスの確保や、スタッフにマスクとフェースシールドを着用させるなど感染対策を講じてきたが、緊急事態宣言の再発出を受け、「より一層、感染対策を強化することが必要だと考えての決断です」と説明した。

   フィールドキャスターについては「他の出演者、スタッフからかなり離れた場所にいるため、マスクはしないで出演します」とする。

   視聴者には「様々なご意見があると思いますので、よろしければ番組のSNSにご意見、ご感想をお寄せください」と意見を求めている。

   モーニングサテライト、モーニングプラスでも、19日の放送やSNS上で同様の対応を発表し、「お聞き苦しい点もあるかと思いますが、ご了承のほどよろしくお願いいたします」と理解を求めた。

   モーニングサテライトでは、ゲストの別室出演時は「感染防止と出演者の話しやすさ、視聴者の皆さんの聞きやすさを考慮して」マスクを着用しない、モーニングプラスでは「(できるだけマスク着用をしないよう)別室、リモートで出演することを徹底する」と補足した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中