2021年 4月 13日 (火)

菅首相、響かなかった「短冊演説」 野党が批判「推敲した跡がまったく見られない」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

立憲・海江田氏「『短冊』をそのまま糊付けして原稿にしたとしか思えません」

   この「短冊演説」ぶりを指摘したのが立憲の海江田万里衆院議員、1月18日夜に

「(事前配布された)原稿を一瞥して感じたのは、『この原稿には推敲した跡がまったく見られない』ということです」
「各省庁から寄せ集めた『短冊』をそのまま糊付けして原稿にしたとしか思えません」

とツイートした。

   国民民主党の玉木雄一郎代表も、この点を念頭に置いたとみられ、

「熱意とビジョンと具体性と、この3つが欠けている」

などと指摘した。

   国会では1月20日から、施政方針演説などに対する各党の代表質問が始まる。野党としては、こういった「短冊演説」に対する熱意や、具体的な政策についてただすことになりそうだ。

(J-CASTニュース編集部 工藤博司)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中