2021年 3月 5日 (金)

大相撲「脳震とう」問題を医師はどう見たか 「本人の意思に関わらずストップを」

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   大相撲初場所の取組で、互いに頭を激しくぶつけたあとに一人がフラフラとなり、その後に間をとって取り直した一番があった。一部スポーツ紙は、「脳震とうを起こしたとみられ...」と報じた。

   日本相撲協会の審判部では危険性を指摘する声を受けて初場所後に対応を協議する、と伝えられているが、どのような危険性があるのか。スポーツドクターに話を聞いた。

  • もし力士が脳震とうを起こしたら…(写真はイメージ)
    もし力士が脳震とうを起こしたら…(写真はイメージ)
  • もし力士が脳震とうを起こしたら…(写真はイメージ)

「病院で検査を受け、体調に問題はなかった」と報道

   東京・両国国技館で2021年1月19日に行われた10日目の取組は、湘南乃海と朝玉勢双方にとって、勝ち越しがかかった大事な一戦だった。立ち合いでは、両力士が頭から激しくぶつかり合い、パンという音が響くと、湘南乃海は、土俵上でひっくり返った。立ち合いのやり直しが告げられて、起き上がろうとするが、左ひざが落ちてしまう。また立とうとするが、今度は尻もちをついてしまう。

   その後、立ち上がったものの、よろけてしまい、両力士は、いったん土俵を降りた。続いて、5人の審判が土俵に上がって1分ほど協議し、湘南乃海も続ける意思を見せたとして、取り直しになった。湘南乃海は、はたき込みで朝玉勢を下して勝ち越しを決めた。

   日刊スポーツの19日付ウェブ版記事によると、審判部では、取組の危険性が指摘され、今後は取り直しをしないことを「ひとまず部内の一部」で申し合わせたという。初場所後に新たなルール作りに取り組む方針だとも伝えている。湘南乃海は、病院で検査を受け、体調に問題はなかったとしている。

   一方で、トレーナーらスポーツの専門家からは、審判だけの判断で取り直しをしたことについて、ツイッター上で疑問の声が次々に出た。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中