2021年 2月 26日 (金)

巨人「3連覇」阻止できる? 専門家が「対抗馬の一番手」とみるチームは...

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   プロ野球の春季キャンプが2021年2月1日にスタートする。新型コロナウイルスの影響で外国人選手の来日問題などがあるなかで開幕へ向けて各球団が一歩を踏み出す。昨年のセ・リーグは巨人が投打にわたって強さを見せてリーグ連覇を果たした。今シーズンも原辰徳監督(62)指揮のもと巨人が他チームを圧倒するのか。それとも巨人の連覇を阻止するチームは現れるのか。

   J-CASTニュース編集部は、巨人、ヤクルトなどでコーチを務めた橋上秀樹氏(55)に今シーズンのセ・リーグを占ってもらった。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

「巨人が盤石に近いと思います」

   巨人は今オフ、フリーエージェント(FA)でDeNAから梶谷隆幸外野手(32)と井納翔一投手(34)を獲得。外国人の補強も抜かりなく、メジャー196本塁打のジャスティン・スモーク内野手(34)とエリック・テームズ外野手(34)を獲得した。メジャーを目指していたエース菅野智之投手(31)のチーム残留が決定したことで、昨シーズンを上回る戦力が予想される。

「今年に関しては外国人選手の来日の問題を含めてどの球団も不透明な部分が多いですが、昨年の戦い方をみると、他球団に比べて巨人は外国人選手への依存が少なかった。そのなかでリーグ優勝している。オフの補強で戦力的にもプラス材料があり、マイナス要素がほとんどみられない。菅野投手の残留も大きい。菅野投手が抜けたら他球団との差がかなり縮まると思っていましたが、総合的にみるとセ・リーグは巨人が盤石に近いと思います」(橋上氏)

   橋上氏は今シーズンのセ・リーグは巨人の「1強」となる可能性を指摘した上で、巨人の対抗馬になりうるチームとして阪神と中日を挙げた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中