2021年 7月 30日 (金)

JAL、グループ外への出向500人→1000人に 今後も「活用したい」...業績は下方修正

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、日本航空(JAL)は2021年2月1日、21年3月期の連結業績予想を下方修正すると発表した。20年10月30日時点では5300億円~6000億円だと予想していた売上高は4600億円に引き下げ、2400億~2700億円の赤字になるとみていた純損益は、3000億円の赤字に拡大する。

   一時は復調の兆しが見えてきた国内線の需要も、感染再拡大と観光支援事業「GoToトラベル」一時停止で低迷。減便が続いている。こういった事態を受けて、「1日あたり1000人程度」の社員がJALグループ外の企業に出向していることも明らかにされた。元々の出向人数は最大500人程度だとされていた。だが、その後の厳しい環境を反映する形で、出向人数も大幅に増えている。

  • 感染再拡大で大幅な減便を迫られている
    感染再拡大で大幅な減便を迫られている
  • 感染再拡大で大幅な減便を迫られている

国内線68.0%、国際線95.3%減

   この日発表された21年3月期 第3四半期(20年4~12月期)連結決算は、売上高は前年同期比68.0%減の3565億円。国内線(旅客)は前年同期比68.0%、国際線(旅客)は同95.3%減少した。国内線は感染再拡大が影響し、国内線は出入国規制の緩和が進まないことが響いた。前年同期は748億円の黒字だった純損益は、2127億円の赤字に転落。第3四半期の赤字としては過去最大だ。

   JALやANA(全日空)では、減便で勤務の機会が減った社員の雇用を守るため、コロナ禍収束後は元の業務に戻ることを前提に、グループ企業外への出向を進めている。例えば20年10月末の決算発表では、JALは、その人数を最大で500名程度、ANAホールディングス(HD)は「12月までに約10社100名程度を予定。今後も随時規模を拡大し来春には400名以上を見込む」と説明していた。その後の感染拡大を受け、航空業界を取り巻く環境は厳しさを増し、出向人数も増加した。

   政府の雇用調整助成金は、事業主が労働者を出向させることで雇用を維持した場合も支給の対象になる。今回のJALの記者会見では、雇用調整助成金の活用に関する記者の質問に対して、菊山英樹・代表取締役専務は

「出向者の数については、(20年10月の)第2四半期の想定よりも増えており、今、1000名規模という形になっている。実際の人員の運用状況に応じて、こういった助成金については、最大限頂戴できるものは頂戴していきたいと考えている。特に今までと考え方に変わりはない」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中