2021年 8月 2日 (月)

ベビーカー押して電車から降りないで! 「車掌目線」で注意呼びかけ...京王電鉄ポスターに反響

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   ベビーカーを押して電車を降りるときの危険について、京王電鉄がポスターで注意喚起したところ、ツイッター上で紹介されて大きな反響を呼んでいる。

   「車掌目線で失礼します」。このポスターの文面は、こんな前置きから始まる。

  • ベビーカー利用の注意喚起をするポスター(写真は、ゆん@11m@yun02yun20さんのツイートから)
    ベビーカー利用の注意喚起をするポスター(写真は、ゆん@11m@yun02yun20さんのツイートから)
  • ベビーカー利用の注意喚起をするポスター(写真は、ゆん@11m@yun02yun20さんのツイートから)

「電車を降りるときは保護者の方が先に」

「ベビーカーの前輪がサッて出てくるの・・・実はヒヤッ!とするんです」

   最後の言葉を黄色いマーカーで強調して、前輪が電車とホームの隙間に挟まってしまった写真をアップにして紹介している。

   つまり、ベビーカーを押して前輪から電車を降りようとすると、脱輪する危険があるというのだ。

   前輪から降りると、車掌から見づらく発見が遅れることもあるとして、「電車を降りるときは保護者の方が先に降りると安心安全です」と、そんな仕草の写真も載せて参考にするよう呼びかけている。

   会社員で育休中だという「ゆん(@11m@yun02yun20)」さんが2021年1月30日に、このポスターの写真をツイッターに投稿した。ポスターは、東京都内の井の頭線の駅などに貼られていた。

   ゆんさんは、夫が以前、電車でベビーカーを前輪から降ろして危ないと感じたことがあったといい、公的機関に情報を出してもらうとありがたいと感想を書いていた。

   このツイートは、大きな反響を呼び、7万件以上もの「いいね」が付いている。様々な感想のほか、自分や家族などが前輪から降りようとして危ない場面に遭遇したといった体験談も次々に寄せられている。

   ゆんさんも2月2日、J-CASTニュースの取材に対し、過去にヒヤッとした場面を見たことがあると明かした。

子育て世代中心の乗務員グループが考案

   それは、5~10年ぐらい前のことで、ある人が混み合った電車からベビーカーを先に下ろしたところ、子供がホーム上に滑り落ちてしまった。前に傾き過ぎたか、車輪がはまったかなどで、子供がベビーカーのシートベルトをしていなかったことも原因の可能性があるという。

   ゆんさんは元々、車椅子介助の経験があり、降りる際には介助者からという考え方を持っていたので、ベビーカーで電車を利用するときも気を付けていたそうだ。ただ、保護者が先に降りれば車掌から見えやすいという点は、今回のポスターで初めて知ったという。

   電車内が混雑していれば、ベビーカーを切り返したりするのも難しい可能性があるが、ゆんさんは、そのようなときはベビーカーを利用しないようにしているとも明かした。

   京王電鉄の広報担当者は2月2日、今回のポスターについて、1月24日から井の頭線の明大前―吉祥寺両駅間で計15枚を貼ってあると取材に説明した。

「発案者は、井の頭線を担当している乗務員でつくるグループです。子育て世代が中心となっており、乗務改善の取り組みや提案などの活動をしています。ポスターは、お客さまが安全で快適に電車をご利用になるように考えたということです」

   電車が混雑しているときなどは、ベビーカーの扱いも難しいことが考えられるが、担当者はこう呼びかける。

「ベビーカーをご利用になられるときは、ご本人と周囲の方の配慮と理解が必要です。お客さま同士がお互いに声かけをするなどして電車を利用してほしいと思っています」

(J-CASTニュース編集部 野口博之)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中