2021年 7月 30日 (金)

神田うの「恵方巻」太すぎた? 1本完食も「来年は細巻きにしてもらおう」

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   タレントの神田うのさんが、節分の日に恵方巻完食に挑戦したことを明かした。

   124年ぶりに2月2日となった2021年の節分。多くの人が恵方巻と豆まきを楽しんだ。

  • 神田うのさん(写真:アフロ)
    神田うのさん(写真:アフロ)
  • 神田うのさん(写真:アフロ)

「沢山の福がきますように」

   神田さんは節分の日の翌3日にインスタグラムで

「昨日は124年振りの2月2日の節分でしたね」

と節分の日に言及。当日は、

「夜は鬼退治の後南南東を向いて恵方巻きを無言で1本完食!!」

と慣習にならって恵方巻を食べたことを明かした。

   神田さんは、東京タワーをバックに恵方巻にかぶりついている自身の写真をアップ。しかし、1本完食はなかなかつらいものがあったようで、

「来年は細巻きにしてもらおう」

とつづっていた。

   また、豆まきも楽しんだそうで、

「鬼退治」
「今年はママは豆と娘は鬼滅の刃しのぶの刀で戦いました」

と、人気漫画『鬼滅の刃』のキャラクター・胡蝶しのぶの刀を持った愛娘とともに「鬼」と戦ったとのこと。

「沢山の福がきますように」
「皆様のところにもね」

と願いを記していた。

   この投稿に神田さんの元には、

「1本完食とは驚きです。身体細いのに!」
「素敵な夜景に、うのちゃんキュート」

という声が集まっていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中