2021年 3月 5日 (金)

定番空耳「滝のおトイレ」が消える...!? 多機能トイレ名称変更説で意外すぎる反応

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   2021年2月4日、共同通信は「『多目的トイレ』の名称やめて 指針改定、小規模店舗の基準も」とのタイトルで、駅などで見られる「多目的トイレ」について、その名称が変更される可能性を報じた。

   記事では、国土交通省が「障害者ら向けのトイレは『多目的』『誰でも』といった名称を避け、利用対象を明確化するよう求める」と、その名称が変更される可能性に言及。これらの報道を見た一部のネットユーザーから、やや変わった反応が上がっていることをご存じだろうか。

  • あなたも、バカバカしい勘違いをしていた!?(写真はイメージ)
    あなたも、バカバカしい勘違いをしていた!?(写真はイメージ)
  • あなたも、バカバカしい勘違いをしていた!?(写真はイメージ)

「35年間ずっと、『滝のおトイレです。』って言ってると思ってた」

   あるツイッターアカウントは、「駅の放送で『滝のおトイレ』にしか聞こえなかったからちょうどよかった」と、「多目的トイレ」の名称変更の可能性のニュースに反応しつつツイート。また、別のアカウントも「ついでに駅の『滝のおトイレです』にしか聞こえないアナウンスも再録してもらいたい」と、やはり、同じニュースに反応しつつ、「滝のおトイレ」なる単語を交えてツイートしているのだ。

   「滝のおトイレ」......何だそれは? と思われるかもしれない。しかし、この単語、結構な数の人々にとって、バカバカしくもそれなりに「あるある」な勘違いなのである。

   試しに、ツイッターで「滝のおトイレ」と検索してみてほしい。すると、「小さい頃『右が女子トイレ、左が多機能トイレです』のアナウンスを『左が滝のおトイレです』だと思ってました」といったツイートが続々と引っかかるのだ。また、中には「35年間ずっと、『滝のおトイレです。』って言ってると思ってた」とツイートしつつ、「多目的トイレ」の前で撮影した動画をアップしている者もいるほどなのである。

   もうお分かりだろう。そう、「滝のおトイレ」とはすなわち、「多目的トイレ」の別名である「多機能トイレ」を「空耳」した結果なのである!

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中