2021年 2月 28日 (日)

松井珠理奈「卒業シングル」で見せたメンバー愛 表題曲「68人全員参加」で臨んだ理由

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

【松井珠理奈さん「卒業」1万5000字インタビュー(1)】

   名古屋・栄を拠点に活動するSKE48が2021年2月3日、約1年ぶりのシングル「恋落ちフラグ」を発売した。今では唯一の1期生で、コロナ禍の影響で卒業が延期になっている松井珠理奈さん(23)にとっての「卒業シングル」にあたり、収録曲のなかには珠理奈さんが作詞や振り付け、プロデュースを担当したものもある。

   約12年間にわたってSKE48の顔として活躍してきた珠理奈さん。注目度が高い一方で、風当たりが強い場面もあった。新曲の聞きどころはもちろん、アイドル生活で「つらかったこと」や「うれしかったこと」、今後の目標など幅広く、4回に分けて聞いた。

   初回は、ナゴヤドーム(名古屋市東区、21年から「バンテリンドーム ナゴヤ」)など愛知県内で撮影したミュージックビデオ(MV)にまつわるエピソードや、振り付けに込められた思いについて聞いた。(聞き手・構成:J-CASTニュース編集部 工藤博司)

  • SKE48の松井珠理奈さん。自らの「卒業シングル」にかける思いを語ってもらった
    SKE48の松井珠理奈さん。自らの「卒業シングル」にかける思いを語ってもらった
  • SKE48の松井珠理奈さん。自らの「卒業シングル」にかける思いを語ってもらった

表題曲全メンバー参加で「最後に思い出を作ったり、自分の背中を見てもらいたい」

―― 今回発売されるシングルでは、珠理奈さんは3つの楽曲に関わったと聞きました。1曲目が表題曲の「恋落ちフラグ」。従来のシングル表題曲は16人程度の「選抜メンバー」が担当してきましたが、今回の「恋落ちフラグ」は、SKE48としては初めて(すでに卒業発表している人をのぞく)メンバー全員68人が参加しています。

松井: 自分が12年間と長く続けてこられたのは、1人じゃなかったからだな、ということがあります。ファンの方がいたからなのはもちろんですが、周りにメンバーがいてくれたことで、嬉しいこともつらいこともみんなで分かち合うことができたので、みんなに感謝の気持ちを伝えたり、最後に思い出を作ったり、自分の背中を見てもらいたいという気持ちもありました。そこで、皆で歌いたいというお話をさせていただきました。

―― 12年間のアイドル生活はグループ全体で締めくくりたい、ということでしょうか。

松井: 普段は「選抜メンバー」のみで披露することになるので、表題曲を歌う経験のないメンバーの方が、やはり多くなります。多くのメンバーに表題曲を経験してもらって、みんなが「今度は選抜に選ばれたい」という気持ちになってほしいです。

―― 後輩に経験を積んでもらう、という意味もあるんですね。

松井: そうですね。特に(20年7月に劇場デビューしたばかりの)10期生のメンバーは、この曲が初めてのMV撮影でした。10期生のような若手メンバーが自分と同じチームになったり、自分が選抜以外のメンバーと仕事をしたりする機会は少ないので、せっかくなので一緒にやりたいと思っていました。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中