2021年 3月 8日 (月)

「政治系はネタが尽きない」 米大統領選でトランプ支持、「陰謀論」主張した57歳YouTuberの素顔

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!
<米大統領選とYouTuber・前編>

   2020年の米大統領選では、デマや陰謀論が数多く飛び交い、分断や対立が加速した。

   その舞台の一つとなったのが、動画共有サイト「ユーチューブ」。世間の関心の高まりを受け、日本では "政治系ユーチューバー"が次々と誕生し、中には視聴数を稼ぐためにプロパガンダ(政治宣伝)に加担するような投稿者もいた。

   トランプ前米大統領の支持者で、ユーチューブで数万人のチャンネル登録者数を持つインフルエンサーに、「情報戦」の裏側を聞いた。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

副業としてのユーチューブ

   ファクトチェック(真偽検証)を推進するNPO法人「ファクトチェック・イニシアティブ」の集計によれば、日本では米大統領選をめぐって23の言説が「誤り」「根拠不明」などと判断された(2021年2月5日時点)。検証の手を逃れたものも当然あるだろう。

   不正確な情報の温床となったのはSNSだ。中でも「ユーチューブ」の存在は無視できない。

   同サイトでは、「(米議会乱入は極左集団)『アンティファ』の仕業確定」「マスコミが報道しないスクープ」などと刺激的なフレーズが踊る動画が多数見つかり、コメント欄は共感・称賛であふれる。前者は複数のメディアが「偽情報」と報じている。客観的事実よりも感情的な訴えが影響力を持つ「ポスト真実」時代を物語る光景だ。

   投稿者はどのような目的で動画をアップしているのか。米大統領選の動画を定期的に投稿していた日本人ユーチューバーに取材を申し込むと、2人が応じた。

「最終的には専業ユーチューバーとしてやっていき、同時に投資をして残りの人生を楽しみたい」

   こう話すのは、会社員の須田利秋さん(仮名、57)。メディア業界に籍を置きながら、リタイア後の生活をにらんで、株式や外国為替証拠金(FX)取引とともにユーチューブ活動を行う。2016年から始め、一時は月に20万円の広告収入を得ていた。チャンネル登録者数は2万人を超える。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中