2021年 6月 16日 (水)

その時、高知東生は「陰謀論」に傾倒していた。当時の心境、脱出のきっかけ...本人に全て聞いた

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   「言うのがとても恥ずかしんだけど、俺陰謀論を信じかけてたんだよ」――こんな赤裸々なツイートが話題になった。投稿したのは、俳優の高知東生さん(56)だ。

   2021年1月29日のツイート。「若者のネットリテラシーはよく話題になるけど、あれ大人が勝手に言ってるだけで、実はネットネイティブの若者より、俺たちおじさんのネットリテラシーの方が余程危険じゃないかな」ともつづっている。

   「陰謀論を信じかけてたんだよ」とは、なかなか言えないフレーズだろう。そこでJ-CASTニュース編集部は高知さんの思いを掘り下げるべく直接話を聞くことを決意。取材を申し込み、インタビューを実現させたのだった。

(聞き手・構成/J-CASTニュース編集部 坂下朋永)

  • なぜ、「陰謀論にハマりかけたのか」について語る高知東生さん
    なぜ、「陰謀論にハマりかけたのか」について語る高知東生さん
  • なぜ、「陰謀論にハマりかけたのか」について語る高知東生さん

高知さんは、なぜ陰謀論にハマりかけたのか

   2月4日、J-CASTニュース編集部記者が訪れたのは、東京・茅場町にある、とあるオフィスビルの1室。入居しているのは「ギャンブル依存症問題を考える会」という支援団体だ。

   高知さんは2016年に覚醒剤事件で逮捕され、その後、執行猶予付きの有罪が確定し、2020年に猶予期間を満了した。その執行猶予期間が明ける前である2019年から自助グループに参加しつつ、薬物依存の経験を活かし、同会の田中紀子代表と共に、薬物やギャンブルの依存症を抱える人々に対する支援活動や講演会を行っているという。

   そんな高知さんに、話題となった「陰謀論」に関するツイートについて聞いた。

――ツイッターでもおっしゃっていましたが、今一度、陰謀論にはまりそうになったその過程をお教えください。

高知:2020年の12月下旬から、当時まだ緊急事態宣言は出てませんでしたけど、だんだんと新型コロナウイルスの感染者が増え、社会活動の自粛が叫ばれるようになりましたが、それによって、自分なりに自粛生活をする中、空き時間が増えてしまってYouTubeやテレビをこれまでよりもはるかに長時間見るようになったことが、陰謀論にはまりそうになったきっかけです。

   12月下旬に、都市伝説を扱ったテレビ番組が放送されていたんですが、それを見た際に、「うわっ、スゲー、マジか!」と思ってしまい、「世界を陰で動かす組織」とか、そんな感じのテーマの動画をYouTubeで見るようになってしまっていたんです。そうしたら、次から次へと類似の関連動画が出てくるものだから......いやー、危ないところでした。ヒマって良くないですね(笑)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中