2021年 6月 12日 (土)

レストランなど館内7施設を閉鎖へ ハイアットリージェンシー東京が発表「心から感謝」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   小田急グループは2021年2月8日、ホテル「ハイアットリージェンシー東京」(東京都新宿区)の一部レストランなど7施設を3月末で閉店すると発表した。

  • ハイアットリージェンシー東京公式サイトより
    ハイアットリージェンシー東京公式サイトより
  • ハイアットリージェンシー東京公式サイトより
    ハイアットリージェンシー東京公式サイトより
  • ハイアットリージェンシー東京公式サイトより
  • ハイアットリージェンシー東京公式サイトより

入国制限の影響直撃

   ハイアットリージェンシー東京は、米ハイアットホテルズアンドリゾーツの日本初のホテルとして1980年に開業。小田急電鉄の子会社が運営する。

   閉店する飲食店は、日本料理「佳香」、鉄板焼グリル、鮨「みやこ」、ブラッスリー「Vicky's」、ラウンジ、ペストリーショップの6店。バー「オードヴィー」、中国料理「翡翠宮(ひすいきゅう)」、カフェを除き大半が営業を終える。最上階の28階にある屋内プールも3月末での閉鎖が決まった(一部施設は現在休業中)。

   Vicky'sで提供していたアフタヌーンティーおよびペストリーショップで販売していたケーキ、焼き菓子、パンなど一部商品は、4月以降、カフェに引き継がれる。

   ホテル総支配人は発表で「長年にわたり、皆様にご愛顧いただきましたこと、心から感謝申しあげます。今後ともハイアット リージェンシー 東京をよろしくお願いいたします」とコメントしている。

   小田急電鉄の2021年3月期第2四半期決算によれば、同ホテルは外国人宿泊者比率が高いこともあり、20年4月以降は入国制限の影響が直撃した。4月~9月の客室稼働率は4%~9%と前年比7、8割減だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中