2021年 6月 21日 (月)

虫嫌いには完全アウト? 「青天を衝け」蚕ダンスに視聴者悲鳴「ホラーかと思った」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   俳優の吉沢亮さん(27)が主演する2021年のNHK大河ドラマ「青天を衝け」の放送が2月14日に始まった。

   前作「麒麟がくる」の放送ずれ込みによって異例の2月スタートとなった同作だが、放送が始まったことに対しては吉沢さんのファンから「吉沢亮さん、とても良かった」といった声が上がるなど、反応は上々。ただ、その一方で、これらの声とは全く違う角度で絶賛とブーイングが混在しているのだ。

  • NHKのサイトから
    NHKのサイトから
  • NHKのサイトから

おびただしい数の蚕が...

   同ドラマは吉沢さんが、明治時代から昭和初期にかけて活躍した企業家・渋沢栄一役で主演する立身出世物語。第1回では冒頭に栄一が徳川慶喜に直訴を試みるシーンが放送されたほかは栄一の幼少期が描かれたが、その際の演出に視聴者からの意見が真っ二つに分かれているのだ。

   番組中盤、栄一の生家およびその周辺では、養蚕業が広く営まれていることが紹介された。作中では、「土の質が稲作に向かないため」と、その理由をナレーションで説明していたほか、桑の葉の収穫シーンやその桑の葉を蚕に与えるシーンが放送されたが、その蚕の幼虫が写るシーンに対し、視聴者の評価が割れたのだ。

   あるツイッターアカウントは「蚕可愛いやん。葉っぱいっぱい食べなー」と、作中に登場した蚕への思いをツイート。また、別のアカウントは「いやぁ、吉沢亮 蚕ダンスもかわいかった 来週も見るよ!」と、蚕と吉沢さんの両方に満足したとしている。

   番組では養蚕シーンの1つとして、幼き栄一が歌を歌いながら蚕に桑の葉を与えるシーンがあったが、その際、CGと思しきおびただしい数の蚕が歌に合わせて踊っており、非常に印象的なシーンとなっていたのだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中