2021年 5月 6日 (木)

「いちごミルクキャンディ」メーカー廃業で「勘違い」続出 サクマ製菓「いちごみるく」は無関係、販売も従来通りですよ

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

名前も見た目も似ている2商品

   中でも目立ったのが、「いちごミルクキャンディ」に関する言及だ。飴の包装袋にいちごが描かれているのが特徴で、現在は100円ショップなどで購入できる。ツイッター上では、「いちごミルクっていったらアメハマさん」「アメハマのいちごミルクはよく食べるので悲しい」といった声が広がり、17日未明〜朝にかけては「いちごミルクキャンディ」がトレンド入りを果たした。

   一方で、「いちごみるくが食べられなくなってしまう」「いちごみるく好きだったのに」と、アメハマの「いちごミルクキャンディ」を、サクマ製菓の「いちごみるく」と勘違いするユーザーも多く見られている。「いちごみるく」は1970年発売のロングセラー商品で、いちごが描かれた包装袋もアメハマの「いちごミルクキャンディ」と似ている。キャンディー自体も共にピンク色で三角形だ。

   アメハマ製菓とサクマ製菓は全くの別会社。両製品の混同によって、関係ない「いちごみるく」の今後を心配する声も出てしまったが、サクマ製菓商品企画部の担当者は2月17日、J-CASTニュースの取材に対し「いちごみるく」の販売は今後も続けるとした。

   また、アメハマ製菓にも取材を申し込んだが、「取材はお断りしている」とのことだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中