2021年 2月 26日 (金)

橋本聖子新会長を待つ「イバラの道」 大会関係者「セクハラ騒動は批判根強い」「常に森さんの影」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   東京五輪・パラリンピック組織委員会は2021年2月18日、都内で理事会、評議員会を開催し、女性蔑視問題で会長を辞任した森喜朗氏(83)の後任に橋本聖子氏(56)を選出した。

   森氏が引責辞任を表明後、会長の後任人事を巡るドタバタ劇にようやく終止符が打たれた。複数の候補者のなかから会長に選出された橋本氏だが、果たして東京五輪・パラリンピックの新たな「顔」としてふさわしい人材なのか。J-CASTニュース編集部は、複数の大会関係者に話を聞いた。

  • 橋本聖子氏(2019年11月撮影)
    橋本聖子氏(2019年11月撮影)
  • 橋本聖子氏(2019年11月撮影)

騒動の蒸し返しを不安視する関係者も

   森氏の後任として橋本氏と並んで有力候補とされていたのが、日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長(63)と組織委の小谷実可子スポーツディレクター(54)だ。山下氏、小谷氏ともに五輪メダリストで国際的に知名度は高く、検討委員会が求めた資質に合致する人材と見られたが、今回はスポーツ界と政界に精通する橋本氏に重責が託された。

   橋本氏は夏季(自転車競技)・冬季(スピードスケート)合わせて7回の五輪に出場。1992年アルベールビル冬季五輪では女子スピードスケート1500メートルで銅メダルを獲得。95年に参院議員に当選し、これまでJOC副会長、日本スケート連盟会長などを歴任。14年ソチ冬季五輪では日本選手団団長を務めた。

   橋本氏はアスリートとして輝かしい実績を誇り政界に太いパイプを持っており、検討委員会が求めた「組織運営能力」や「調整力」を兼ね備えているとされる。その一方で、大会関係者が危惧するのが7年前の「セクハラ騒動」だ。橋本氏が組織委員会の会長に就任することで、この騒動が蒸し返されることを不安視している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中