2021年 2月 28日 (日)

セブンプレミアムの納豆に「ガラス片混入」購入客が訴え メーカー「製造過程では考えにくい」

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   納豆を家族が食べたらガラスの破片が入っていたと、ツイッターユーザーの男性が写真を一時投稿し、注意を呼びかけた。

   メーカーのあづま食品(宇都宮市)では、「様々な検知機を通しており、製造過程では考えにくい」とする一方で、破片を外部検査に出したことを明らかにした。宇都宮市保健所は、工場での混入の有無を確認するため立ち入り検査を始めた。

  • 納豆に異物混入の訴えが(写真はイメージ)
    納豆に異物混入の訴えが(写真はイメージ)
  • 納豆に異物混入の訴えが(写真はイメージ)

子供が飲み込んでないか心配も、病院の診察で異常は見られず

   写真を投稿したユーザーのツイートによると、妻と子供が2021年2月17日朝にこの納豆を食べていると、妻がガリっとするものに気づいた。それを取り出してみると、小さなガラスの破片だったという。

   妻が早速、あづま食品に電話すると、同社の人が自宅に来て、治療費は負担するので病院の診察を受けるようにと言われた。子供が飲み込んでいないか心配だったというが、レントゲンを撮った結果、異常は見られなかったとしている。

   納豆の大豆はアメリカから輸入しているが、同社の人はこの日、男性の自宅に再度来て、日本の工場でX線をかけて異物を除去するため、製造段階で混入することはまずないとの説明をしたという。

   あづま食品のお客様相談室は18日、J-CASTニュースの取材に対し、17日に異物混入の連絡を受けて、同社の担当者が男性宅を訪れたことを認め、破片も回収したことを明らかにした。混入した原因については、次のように話した。

「製造ラインでは、X線のほか金属検知機などで、異物を見つけると回収するようになっています。工場の従業員はポケットがなく、割れない器具を使っていますので、ガラス片は工場内には存在していません。様々な検知機に通していますので、製造過程での混入は考えにくいと考えています」

   ただ、破片が何かを特定しようと、同社で外部検査に出したことを明らかにした。1週間ほどで結果が出るといい、その内容は男性に文書で報告したいとしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中