2021年 2月 28日 (日)

鬼滅の刃「遊郭編」の「炎上」実態は? アニメ化での「論争」、ツイート分析で調べた

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

なぜ炎上と映ったのか

   一般的に、ネット炎上は「批判が殺到する事態」を指す。「インターネット上で、記事などに対して非難や中傷が多数届くこと」(『広辞苑 第七版』岩波書店)、「ある人物や企業が発信した内容や行った行為について、ソーシャルメディアに批判的なコメントが殺到する現象」(『ネット炎上の研究』勁草書房)などと定義される。

   「遊郭編」は、そのような事態になっていたのか。SNS分析ツール「ソーシャルインサイト」で2月14日~19日の期間、「鬼滅」「遊郭」を含んだツイート約34万件を感情分析すると、ポジティブな反応が25.2%、中立が70.9%、ネガティブが3.8%だった(円グラフ参照、以下同)。

感情分析結果/ソーシャルインサイトより
感情分析結果/ソーシャルインサイトより

   ネガティブな反応に含まれる主な単語は「子供」「悪い」「遊女」「場所」「酷い」など。作品から切り離した形での遊郭の批評や、批判に対する皮肉めいた書き込みも一部含まれており、実際はより少ないとみられる。

ネガティブな反応に含まれる主な単語/ソーシャルインサイトより
ネガティブな反応に含まれる主な単語/ソーシャルインサイトより
該当キーワードと同時に発言されているキーワード(共起キーワード)/ソーシャルインサイトより
該当キーワードと同時に発言されているキーワード(共起キーワード)/ソーシャルインサイトより

   もっとも、炎上が起きたとの認識はある程度共有されていた。「(鬼滅 OR 遊郭編) 炎上」を含むツイート数の推移を調べると、16日に大きな山ができている。

   ネタ系インフルエンサーやまとめサイトが、「放映前から(中略)叩かれまくる」「(一部の層が)大騒ぎ」と批判的な意見を仰々しく取り上げ、それに反論が続出した格好だ。1万5000以上リツイートされた反論投稿もあり、炎上騒ぎに映った人が少なくなかったとみられる。

   その後、盛り上がりは消沈していったが、20日の記事をきっかけに再燃した。

「(鬼滅 OR 遊郭編) 炎上」を含むツイート数の推移/ソーシャルインサイトより
「(鬼滅 OR 遊郭編) 炎上」を含むツイート数の推移/ソーシャルインサイトより

   遊郭の描写に対して議論が起こったのは事実だったが、必ずしも批判が殺到しているとまでは言い切れなさそうだ。当然、否定的意見が比較的少数だからといって無視されるべきではないが、厳密に考えて「炎上」と言えるかどうかは議論の余地がありそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中