2021年 11月 29日 (月)

住みたい街「圏外」でも「魅力のエリア」って? 引っ越しシーズン、「まち探訪家」語る首都圏のオススメ

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!
緊急事態宣言下で迎えた春の引っ越しシーズン。不動産情報サイト「LIFULL HOME'S」(ライフルホームズ)が2021年2月9日に発表した首都圏版の「借りて住みたい街ランキング」では、本厚木(神奈川県厚木市)など、郊外にある駅が上位に入る結果となった。

   ただ、東京、神奈川、千葉、埼玉の1都3県には1500を超える駅がある。こうしたランキングに名を連ねなくとも、魅力的な街はたくさん眠っているはずだ。J-CASTニュースは「住みたい街ランキング」に載らない「オススメの街」を、まち探訪家の鳴海侑さんに聞いてみた。

  • 「住みたい街ランキング」には載っていない「オススメの街」は(画像はイメージ)
    「住みたい街ランキング」には載っていない「オススメの街」は(画像はイメージ)
  • 2021年首都圏版 LIFULL HOME’S 借りて住みたい街(駅)ランキング(LIFULL HOME’S資料より)
    2021年首都圏版 LIFULL HOME’S 借りて住みたい街(駅)ランキング(LIFULL HOME’S資料より)
  • 「住みたい街ランキング」には載っていない「オススメの街」は(画像はイメージ)
  • 2021年首都圏版 LIFULL HOME’S 借りて住みたい街(駅)ランキング(LIFULL HOME’S資料より)

郊外駅の「上昇」、都心付近駅の「下降」目立ったランキング

   「2021年首都圏版 LIFULL HOME'S 借りて住みたい街(駅)ランキング」の上位では、1位の本厚木、2位の大宮(埼玉県さいたま市)、4位の八王子(東京都八王子市)、6位の千葉など、郊外にある駅の名が目立った。LIFULL HOME'S総研は「郊外」の駅に注目が集まった理由について「感染リスクのより低いエリアに転居したい、またテレワークの実施で毎日通勤しないのであれば、家賃相場が比較的安価な郊外方面で生活したいという要望などが顕在化したものと考えられる」としている。

   一方で、前年から順位を落としたのが、5位の「池袋」(東京都豊島区)、10位の「川崎」(神奈川県川崎市)、15位の「荻窪」(東京都杉並区)、16位の「三軒茶屋」(東京都世田谷区)といった駅。鳴海さんはこれらの駅のランクダウンについて「コロナ禍による移動控えと一部業種でのテレワーク浸透により、『どうにかして都⼼に近いエリアへ引っ越そう』という需要が減少したのではないでしょうか」と分析する。

   また、公表されているランキングの100位以内に目をやると、木更津(千葉県木更津市、前年141位→41位)、五井(千葉県市原市、86位→46位)、茅ヶ崎(神奈川県茅ケ崎市、134位→62位)といった駅が大幅にランクを上げた。鳴海さんは「いずれも⼯業地帯が付近にある駅。⾸都圏全体で⼈⼝移動が滞る中、⼯場で働く⼈などの住宅需要に⼤きな変化がなかったことも、今回の結果につながった⼀因なのではないでしょうか」と考察する。

   鳴海さんは、ランキングが物件への実際の問い合わせ数をもとに算出されていることから、100 位以内には「めぼしい駅」が出そろっていると話す。⼀⽅で「ランク外」の駅にも魅⼒的なエリアがあるのではないか。そう聞くと、いくつかの駅名をリストアップしてくれた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中