2021年 2月 26日 (金)

東京ディズニーリゾート「復活」への期待 緊急事態宣言中なのに...株価は好調キープ

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドが2021年2月18日、一時前日終値比2.5%(460円)高の1万8640円まで上昇し、株式分割考慮後の上場来高値を更新。22日現在も好調を維持している。

   富士急ハイランド(山梨県富士吉田市)を運営する富士急行も同じ18日に上場来高値を更新。投資先の物色が続く株式市場において、ワクチンの接種開始を踏まえ、コロナ後の成長を見込んだ買いが両社の株価を押し上げている。

  • ワクチン普及への期待広がる(2015年11月撮影)
    ワクチン普及への期待広がる(2015年11月撮影)
  • クリスマス衣装のミッキーマウス(2019年撮影)
    クリスマス衣装のミッキーマウス(2019年撮影)
  • TDLの七夕グリーティング(2019年)
    TDLの七夕グリーティング(2019年)
  • 東京ディズニーシー2019年のハロウィーンプログラム「フェスティバル・オブ・ミスティーク」
    東京ディズニーシー2019年のハロウィーンプログラム「フェスティバル・オブ・ミスティーク」
  • ワクチン普及への期待広がる(2015年11月撮影)
  • クリスマス衣装のミッキーマウス(2019年撮影)
  • TDLの七夕グリーティング(2019年)
  • 東京ディズニーシー2019年のハロウィーンプログラム「フェスティバル・オブ・ミスティーク」

ゲスト単価の上昇と経費削減

   オリエンタルランドは1月28日発表の2021年10~12月期連結決算が4四半期ぶりの最終黒字となったあたりから、株価上昇の勢いが強くなっていた。

   通常なら同時に発表した4~12月期や通期業績予想の動向にも投資家の注目が集まるが、コロナ禍で従来とは違う情勢が続くなか、3か月ベースの四半期決算がより重要になっている。それではその内容を見てみよう。

   売上高は前年同期比45.0%減の779億円、営業利益は89.2%減の43億円、最終利益は95.1%減の13億円だった。大幅減益とはいえ、営業黒字となったのも2019年10~12月期以来、4四半期ぶりだ。

   入場制限の緩和が進むなかで入園者が回復、またゲスト1人当たりの単価が上昇した。一方で人件費や商品原価。その他諸経費の削減が進んだ。株式市場はこれを高く評価、国内3大証券や海外系証券各社の目標株価が次々に引き上げられた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中