2021年 5月 7日 (金)

天皇陛下、眞子さま&小室圭さん結婚問題に言及 「秋篠宮が言ったように、多くの人が納得し、喜んでくれる状況に」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   天皇陛下は2021年2月23日、61歳の誕生日を迎えた。これに先立つ2月19日に行われた記者会見では、秋篠宮家の長女眞子さまと小室圭さんの結婚問題にも言及。「多くの人が納得し、喜んでくれる状況になることを願っております」などと話した。

   秋篠宮さまは、2人の結婚は世論の理解が前提だとの考えを繰り返し表明しており、天皇陛下としても同様の対応が必要だとの認識を示した形だ。

  • 記者会見で質問に答える天皇陛下(写真は宮内庁提供動画から)
    記者会見で質問に答える天皇陛下(写真は宮内庁提供動画から)
  • 記者会見で質問に答える天皇陛下(写真は宮内庁提供動画から)

天皇皇后両陛下が「私の気持ちを尊重」の意味は?

   秋篠宮さまは18年の誕生日会見で、小室さんの母親をめぐる金銭トラブルを背景に「多くの人が納得し喜んでくれる状況にならなければ、私たちは、いわゆる婚約に当たる納采の儀というのを行うことはできません」と発言し、結婚にはきわめて否定的な考えを示していた。20年の会見では一転して「結婚することを認める」と明言したが、

「決して多くの人が納得し、喜んでくれている状況ではないというふうに思っている。そのことは、娘もおそらく同じ気持ちを持っていると考えている」

とも話し、引き続き世論の理解を得るための対応が必要だとの見方を示していた。

 

   秋篠宮さまの「認める」発言の一因だとみられるのが、発言の1週間前の20年11月13日に眞子さまが発表したコメントだ。コメントでは、

「私たちにとっては、お互いこそが幸せな時も不幸せな時も寄り添い合えるかけがえのない存在であり、結婚は、私たちにとって自分たちの心を大切に守りながら生きていくために必要な選択です」

などと結婚への固い決意を強調。コメントの公表について天皇皇后両陛下に事前報告していたことも明かしていた。

「この度、私がこの文章を公表するに当たり、天皇皇后両陛下と上皇上皇后両陛下にご報告を申し上げました。天皇皇后両陛下と上皇上皇后両陛下が私の気持ちを尊重して静かにお見守りくださっていることに、深く感謝申し上げております」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中