2021年 4月 23日 (金)

「親の七光り」批判を乗り越えて フジ永島アナが女性視聴者にも愛される理由

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   誰もが納得の人事だろう。フジテレビ「めざましテレビ」でメインキャスター(MC)を務めていた永島優美アナウンサーが2021年3月29日にスタートする新番組「めざまし8(エイト)」のMCに就任することが決定。俳優の谷原章介と初タッグを組む。

   22年の長い歴史に終止符を打つ「とくダネ!」の後番組となるだけに重圧がかかるが、フジテレビの関係者は絶大な信頼を口にする。

  • 永島アナの公式ブログ「優美です」より
    永島アナの公式ブログ「優美です」より
  • 永島アナのインスタグラム(@yuumi_nagashima)より
    永島アナのインスタグラム(@yuumi_nagashima)より
  • 永島アナの公式ブログ「優美です」より
  • 永島アナのインスタグラム(@yuumi_nagashima)より

名実ともにフジのエースアナに

「永島アナなら大丈夫。めざましテレビで抜擢された時の逆風の方が凄かったですから。彼女は努力家だからその壁を乗り越えて老若男女に愛されるアナウンサーになった。もう『親の七光り』と揶揄する声が全く聞かれなくなったことがその証です」

   確かに永島アナのたどった道のりは順風満帆ではない。

   父は元サッカー日本代表でスポーツキャスターの永島昭浩。14年に入社すると、2年後の16年4月に加藤綾子アナの後任として「めざましテレビ」のMCに抜擢される。当初はアナウンス技術が高いとは決して言えなかった。

   ニュースで噛んでしまう場面も度々見られたことから、

「父親譲りでよく噛むからニュースが頭に入ってこない」
「加藤アナの後任には荷が重い。すべてが劣って見える」

など辛辣な意見も多かった。

   ただ、明るさを絶やさず周囲に気配りができる姿勢でアナウンス能力も向上。何よりも熱意がテレビ越しに伝わってくる。コツコツと実績を積み上げると、見方が変わってきた。同番組は18年から3年連続で民放同時間帯視聴率1位を獲得。永島アナは名実ともにエースアナウンサーへと成長を遂げた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中