2021年 12月 6日 (月)

渡部建に寄せられ始めた「同情」 「豊洲でバイト」めぐる報道で「もう許してやれ」「気の毒」の声

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

「さすがに気の毒だわ」

   ただ、その後も渡部さんに対する世論は軟化の兆候を見せている。3月2日発売の女性自身(3月16日号)は、渡部さんについて芸能関係者からの話として、「市場の関係者から『もう来ないで』と言われているそうです」との情報を伝えている。渡部さんの現状ははっきりしないながらも、このニュースを見たとするユーザーからは「豊洲出禁はさすがに可哀想」「さすがに気の毒だわ」といったツイートが続々と上がっており、さらなる同情が広がっている状況だ。

   これらのツイートには、「さすがに」という単語を含むものも少なくなく、芸能活動の休止の原因はあくまで渡部さんにあるとしている点では共通している。ただ、それでも報道内容を受けて併せて上がっているのは、「今回ばかりは渡部は何も悪くない」と、騒ぎが拡大した結果、渡部さんが就労の機会を奪われようとしていることを憐れむ声であり、これまでにはなかった動きだ。これらの他にも同様のツイートは相次いでおり、渡部さんへの同情が広がっているのが分かる。

(J-CASTニュース編集部 坂下朋永)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中