2021年 6月 21日 (月)

政見放送で「夢は小池百合子氏と結婚すること」 千葉知事選候補、どんな人物?

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   2021年3月21日投開票の千葉県知事選の政見放送が9日から始まった。NHK総合の同日放送分には計4人が登場したが、ある候補が「夢は(当選して、都知事の)小池百合子氏と結婚することです」と訴える一幕もあった。

   いったいどんな人物なのか、他にはどんな主張を展開したのか。

  • 加藤健一郎氏の選挙公報から
    加藤健一郎氏の選挙公報から
  • 加藤健一郎氏の選挙公報から

「サイバー、電磁波、宇宙というのが、現代の主要な戦争の手段となりつつあります」

   この候補は、2番手で登場した加藤健一郎氏(71、放送では「加藤けんいちろう」)。経歴紹介では、医師としての勤務歴の説明があった。

   加藤氏は序盤の訴えで、「このノンビリした千葉県にも、世界の混乱がヒシヒシとせまりつつあります」「今は、まさに戦国乱世の入り口に来ています。いつアメリカと中国が戦争になってもおかしくない時代です。そうなれば、日本も必ず戦争に巻き込まれてしまうでしょう」との主張を展開。続けて、「私はこんな危機の時代だからこそ、千葉のバイデンを目指します」と訴えた。

   その後、加藤氏は具体的な公約などについて語ったが、しばらくすると、「サイバー、電磁波、宇宙というのが、現代の主要な戦争の手段となりつつあります」と、またも「戦争」に言及。さらには、少子化対策として、「20歳になったら、希望者全員の精子と卵子を冷凍保存する体制を、県として作ります。そうしておけば、もし、70歳になっても子供が作れます」と、自らの公約を明らかにした。

「小池氏にこそっとプロポーズを仕掛けようと考えております」

   そして、政見放送の様相が大きく変わったのは、演説が始まって約3分後。加藤氏は「ところで、サイバー、電磁波、宇宙の軍事技術を使った集団ストーカー事件が世界中で起きております。そこで、千葉県では、集団ストーカー防止条例を全国に先駆けて作ります」と主張。他にも、

「私の現在の夢は千葉県知事に当選して、小池百合子氏と結婚することです。彼女は落選するような情けない男は相手にしてくれません」
「ついでに私事で恐縮ですが、小池氏とめでたく結婚できるよう、千葉県民の皆様の温かいご支援を、よろしくお願い申し上げます」
「知事になりさえすれば、一都三県の首都圏知事会議の折に、小池氏にこそっとプロポーズを仕掛けようと考えております」

と明かし、演説を終えたのだった。

   この日に政見放送が流れた他の3人は、河合ゆうすけ氏、かなみつ理恵氏、くまがい俊人氏(放送順)。このうち、河合氏は放送後、「加藤さんへ 今回の政見放送負けました。。13日の千葉テレビでは必ずリベンジします!!」とツイートしていた。

   加藤氏は、政見放送の他に選挙公報でも政見放送と同様の主張を展開しているほか、NHKのウェブサイトに掲載されている「千葉県知事選 候補者アンケート」を見ると、同局が各候補に実施したアンケートに答えているのを閲覧することが出来る。そこには、「政治家を志したきっかけ」や「人生最大の決断」といった質問事項が並んでおり、「人生最大の失敗」という質問事項に対しては、加藤氏は「子供をつくらなかったこと」と回答している。

   知事選には上記4人のほか、後藤輝樹氏、皆川真一郎氏、関政幸氏、平塚正幸氏(届け出順)の計8人が立候補している。

(J-CASTニュース編集部 坂下朋永)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中